7つのニュージーランド留学

ニュージーランドへの留学というと語学留学とおもっていませんか?
実はその他にも現地の高校や英語教師養成コース、フライトアテンダントのコース、老人介護・看護師コース、さらにスポーツ留学、ラグビー留学など幅広いコースがあります。
またコースが行われる都市も、オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、ダニーデンなどで開校されており選択肢も多くなっています。

今回はニュージーランドに留学する場合のコースの種類、内容などに付いてご紹介します。

7つのニュージーランド留学

 留学に必要なビザ

留学に必要なビザ

ニュージーランドへ留学の目的で渡航する場合に必要な以下の3種類のビザがあります。
あなたの留学の目的はなんですか?
合ったビザを取得してください。
1 学生ビザ
3ヶ月以上の現地の学校に通って英語など週20時間以上のコースを選択される場合に発給されるビザで、学費が支払われた期間のみ発給されます。

2 ワーキングホリデービザ(ワーホリ)
1年間以内のNZ滞在を考えていて6ヶ月間以内まで学校に通い、それ以降はアルバイトや旅行をしたいという場合に発給されるビザで、1年間以内であれば何回でも出入国できます。

3 観光ビザ(短期訪問ビザ)
3ヶ月以内の就学と観光を目的の方は、特にビザを取得する必要はありません

留学学校の種類

留学学校の種類

1. 語学学校

1.1 語学学校のある都市(下図のオレンジ丸)

留学学校の種類

【北島の学校】
オークランド (AUCKLAND)
ハミルトン(HANILTON)
ネイピア (NAPIER)
パーマストンノース(PALMERSTON NORTH)
ウェリントン (WELLINGTON)

【南島の学校】
ネルソン (NELSON)
クライストチャーチ (CHRISTCHURCH)
クイーンズタウン (QUEENSTOWN)
ダニーデン (DUNEDIN)

1.2 語学学校のタイプ

留学学校の種類

① 「私立独立」タイプ
市街地に教室を持つ民間経営の語学学校で、クラスは少人数制を保ちながらきめ細かく授業ができるようにしており、「毎週」または「2~4週間」ごとに入学日が設定されており、長・短期のフレキシブルな留学が可能です。

② 「私立キャンパス」タイプ
大学のキャンパス/カレッジ内に設置されている私立の語学学校で、大学の敷地内にあり提携しているため現地の学生と交流する機会が多いことも特徴になっています。
一部の大学施設(図書館、カフェ、レストラン、学生寮、校庭、ジム)が利用できます。

2. 英語教師養成コース、英語教師資格コース

2. 英語教師養成コース、英語教師資格コース

 

日本では近年、英語教育の開始学年の低年齢化が進み、TESOL*やTECSOL*など、英語教育の資格が注目されています。
(*TESOL:Teaching English to Speakers of Other Languages
 *TECSOL:Teaching English Children to Speakers of Other Languages)

ニュージーランドに於ける英語教師を養成するコースで次のような人を対象にしています。
①英語教師を目指している
②現在英語教師をしているが、更に発音などの教授法を学びたい
③英語の新しい教授方法を探している
④もっと違う方法で英語を伸ばしたい

グループおよび個人指導の実践的な練習を含み、教授法を指導する以下のコースがあります。
TESOL(英語教師養成講座) 5週間コース
TECSOL(児童英語教師養成講座) 5週間コース

3. フライトアテンダント/キャビンアテンダント養成コース

3. フライトアテンダント/キャビンアテンダント養成コース

将来国際線フライトアテンダント/キャビンアテンダントとして航空会社への就職を目指している人向けのコースです。

4週間以上の英語コースに14週間フライトアテンダントコースがセットになっており、フライトアテンダントに必須の英語教育と、フライトアテンダントとして働くための実践的な知識を学びます。
通常このコースの半分以上がNZ人のため、国際的な環境で本格的な勉強ができるのもメリットになっています。

4. ニュージーランドで、老人介護・看護師として働く方のコース

4. ニュージーランドで、老人介護・看護師として働く方のコース
ニュージーランドでも、日本と同じく高齢化社会が進行しており、多くの老人介護の方が老人ホームやリタイヤ-ホームなど沢山の施設で、また個人の住宅などで老人介護の仕事をして働いています。

更に日本で正規看護師としての資格と実務経験がある方は、ニュージーランド登録看護師(Registered Nurse)として登録ができ、ニュージーランドで看護師として働き、将来はNZの永住権の取得を目指す方に向いているコースがあります。

現在、ニュージーランド登録看護師になるためには、英語力の基準としてIELTS(International English Language Testing System)のスコア7.0ポイント、またはOET(Occupational English Test)のB bandが必要です。

5. ニュージーランドにラグビー留学

5. ニュージーランドにラグビー留学

ニュージーランドにはラグビー世界一のチームを生み出すほどラグビーが非常に盛んな国です。
子供の頃から大人までずっとラグビーに関われる国です。

現地のラグビーが盛んな強豪校にラグビー留学をして、そこに通いながら授業を受け、ラグビー部に所属しスキルアップを図ることができます。

五郎丸選手みたいなラグビー選手になるのを目指してみませんか?

6. ニュージーランドにスポーツ留学

6. ニュージーランドにスポーツ留学

大自然の中でスポーツを習得したいという若者が近年ふえています。
ニュージーランドに於いて数多くの最適な環境を有するラグビーを筆頭に、ヨット、サッカー、テニス、バスケットボール、ゴルフ、馬術など幅広いスポーツを恵まれた環境で実際にプレーしながら上達を目指すコースです。

7 英語+スノーボード・スキー コース

7 英語+スノーボード・スキー コース

英語のスキルアップとスキー・スノーボードがセットになったコースで、日本と季節が逆のこの国のクイーンズタウンで、リフトなど待ち時間無しでスノーボード・スキーを満喫し楽しむことができます。

コースの内容は、午前中に英語の授業を受けて、午後からゲレンデに行ってスキー・スノーボードをします。 スキー場へは送迎バスもあります。

【まとめ】
自然の魅力にあふれたニュージーランドでは、あなたのスキルを磨きあげる留学のコースの種類が多く選択の幅も広いのが特徴です。
またニュージーランドは治安の面でも安全な国と言われているので人気なんですね。

是非あなたに相応しいコースを選んで挑戦してみて下さい。

 

関連記事

  1. オーストラリアで家を借りるには?! 賃貸方法

  2. 30秒でデキる!忘れがちだけど海外旅行出発前にやっておきたい携帯設定!

  3. 女子の学生に人気!海外の語学留学先

    女子の学生に人気!海外の語学留学先

  4. オーストラリアに移住するために必要なビザの4つの取り方

  5. セブ島での不動産物件の売買方法

  6. 「建築留学したい!」と決意してからドイツを選んだ理由と実際に行ってみた感想

  7. 海外旅行に化粧品は持ち込み大丈夫!?上手に持っていける丸秘の方法とは?

  8. フランス パリの交通事情 利用するならコレ!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP