最強のリゾート地マルタを知ろう! おすすめ観光スポット全て教えます!

地中海で人気のマルタは世界遺産がいっぱい!

地中海で人気のマルタは世界遺産がいっぱい!

マルタはイタリアのシチリア島の南に位置し、地中海に浮かぶ小さな共和国で、マルタ島、ゴゾ島などからなり、面積は東京都の半分位の大きさです。
気候が地中海性気候のため、冬は温暖で、夏はやや暑いですが乾燥しており日照時間が長く過ごしやすくリゾート地として人気があります。

ヨーロッパは言うに及ばず世界各地から多くのリゾート客が訪れています。
首都はバレッタで、通貨はユーロ、車は日本と同じ左側通行ですので右ハンドルの車が多く日本人には親しみやすい国です。
また小さな国ながら世界遺産に登録されている文化・自然遺産が三つもあって見所も沢山あり観光客に人気のスポットとなっています。
今回は、マルタの世界遺産やホテル、ビーチなどについてご紹介します。

地中海で人気のマルタは世界遺産がいっぱい!

1.マルタの世界遺産

マルタは地中海に浮かぶミニ国家ですが、ユネスコの世界遺産が下記の3件があり、いずれも1980年に登録されました。
①ハル・サフリエニの地下墳墓
②バレッタ市街
③マルタの巨石神殿群

1.マルタの世界遺産

1.1 ハル・サフリエニの地下墳墓

ハル・サフリエニの地下墳墓は、紀元前2500年頃に造られたとされ、先史時代に造られものとしては、世界で唯一の地下建造物で、1980年にユネスコの世界遺産に登録されました。

マルタ島で、1902年建築作業中に偶然発見され、サンゴの石灰岩の巨石でつくられたこの建造物は、最初は地母神の神殿として建てられ、後に埋葬地として使用されていたと言われています。

1.1 ハル・サフリエニの地下墳墓

内部は3階層になっていて、第1階層部が最も古く、自然の洞窟を掘って造られています。
更に奥の第2階層部分には、建物の最も重要な「神託の間」や「神殿の最も神聖な奥の院」などが造られており、巨石でできた入り口と、「中央の間」と呼ばれている円形の部屋があります。
「神託の間」は長方形で、小さな音でも反響させる音響効果が施されている特殊な小部屋です。
ここには黄土の赤い顔料で描かれた天井画がありますので、見学の際はお見逃しなく。

1.1 ハル・サフリエニの地下墳墓

この地下墳墓の神殿からは、後頭部が細長い頭蓋骨が見つかっており、考古学ファンのみならず「SFマニア」や「オカルトおたく」の関心を呼んでいます。
この頭蓋骨は生後間もなくから頭頂部を変形させて細長くしたと推測されましたが、CTスキャンにかけるとホモサピエンスにあるはずの骨が一つ足りず、実は人間とは違う種の生物の頭蓋骨で、これらの墳墓は彼らによって造られたのではないかと、憶測が憶測を呼んでいます。
ちなみに以前ヴァレッタ博物館に展示されいた長頭頭蓋骨が、数年前からその姿を消してしまったことで、更に謎が深まっているようです。果たして真相はいかに?

1.2 バレッタの市街地

1.2 バレッタの市街地

バレッタはマルタの首都であり、街そのものが世界遺産に登録されています。
中世ヨーロッパの聖ヨハネ騎士団によって築かれた城塞都市を形作っており、イスラムの大国・オスマン帝国からヨーロッパを守る究極の防衛拠点でした。
その街並みを「ルネサンスの理想都市」とまで称えらたバレッタには、歴史的な建物や見所も多く、毎年沢山の観光客が訪れています。

①聖ヨハネ大聖堂
① 聖ヨハネ大聖堂1578年に完成した聖堂の外観は石造りでシンプルですが、内部に入るとバロック風の豪華絢爛な佇まいに思わず息を呑みます。
天井には、聖ヨハネの生涯が美しい彩色で描かれ、床全体には騎士団員の墓碑として約400枚のモザイク画で埋め尽くされています。
また地下には歴代の騎士団長の棺があり、この街の名前の由来ともなったオスマン軍を退けたジャン・バレッタ騎士団長もこの地下で眠っています。

① 聖ヨハネ大聖堂
②聖エルモ砦
② 聖エルモ砦

バレッタ市街の東側シベラス半島の先端にあるのが聖エルモ砦です。
1551年聖ヨハネ騎士団によって、当時最強のオスマン帝国軍を迎え撃つべく本格的な砦が建設され、オスマン帝国軍との激戦地となりました。
騎士団は多くの犠牲者を出しながら約1ヶ月にわたってオスマン軍の攻撃を凌ぎ、援軍の到着を待って、劇的な勝利を手にすることになったのです。
砦には当時の激戦を物語る跡が今も色濃く残っています。

③マノエル劇場
② 聖エルモ砦18世紀に建造され世界で3番目に古い劇場と言われおり、現在も現役で使用されています。ルネサンス朝の内部の装飾は見事で素晴らしく、歴史的な重みを感じさせます。
オペラやクラシックコンサートなど上演されており、是非鑑賞してみて下さい。

④アッパー・バラックカ・ガーデンズ
④ アッパー・バラックカ・ガーデンズ

地中海の中でもその美しさは群を抜くといわれているマルタの港を一望できる庭園です。
展望デッキの下には、グランドハーバーを守るかのように砲台が並んでおり、正午になるとこの砲台から礼砲が撃たれ、マルタの時報を知らせてくれるので、是非お見逃しなく!

⑤バレッタの路地

⑤ バレッタの路地

バレッタの路地

バレッタは街自体が世界遺産に登録されていますが、メインストリートから外れて街の路地に入って歩いてみると独特の雰囲気が味あえます。
石畳に覆われた路、何気なく植えられている街路樹、様々な色に塗り分けられた家々の扉や窓枠など、どれも心に深く刻まれ旅の良い思い出となるでしょう。
⑤ バレッタの路地

1. 3 マルタの巨石神殿群

マルタの巨石神殿群はマルタ島内とゴゾ島に分散しており、現在までに約30の巨石神殿が確認され、そのうち6神殿が世界遺産として登録されています。
巨石神殿の建造は紀元前4500年から前2000年頃と気の遠くなるように古く世界最古の巨石神殿とされています。

①ジュガンティーヤ神殿(Ggantija Prehistoric Temple)
①ジュガンティーヤ神殿(Ggantija Prehistoric Temple)ジュガンティーヤ神殿はゴゾ島にあり紀元前3600年頃に建造されたとされ、マルタで発見された神殿群の中では、世界的にも最古と言われている巨石神殿遺跡です。
全長6m、重さ約20トンの石が使われて建造されており、現在の様にクレーンの様な重機もない大昔にどうやって石を動かし建造されたのか謎とされ、まさに巨人によって造られた神殿という伝説があるくらいです。

②ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temple)

② ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temple)

ハジャーイム神殿

ハジャーイム神殿は1840年にマルタ島で発掘され、神殿群の中でも保存状態が大変良いとされています。
紀元前2800年頃に建造され、’Venus of Malta’マルタヴィーナスという豊満な女性像が発掘されています。これは国立考古学博物館に保管されており、見学可能です。
この遺跡は柔らかいグロビゲリナ石を素材に建造されておりますが、近年風化が進んでしまったため、現在神殿は巨大なテントで覆われて保護されています。

③タルシーン神殿(Tarxien Temple and Museum)
③タルシーン神殿(Tarxien Temple and Museum)

タルシーン神殿は、1914年にその土地の農民によって偶然発見され、その後本格的に発掘が始まり4つの神殿が発見されました。
タルシーン神殿からは約2.75mの巨大な石を使った彫刻’Fat Lady’が上半身が欠けた状態で発見されました。(下図)
神殿の壁や祭壇に彫られている渦巻き模様の装飾は時間と永遠の象徴であるとされています。

③タルシーン神殿(Tarxien Temple and Museum)

2. バレッタのホテル

地中海に浮かぶマルタで滞在を満喫するには、ホテル選びが重要なポイントになります。
マルタはヨーロッパ各国や世界からもバカンスで訪れる多い国なのでホテルの施設やサービスは充実しています。
ここではマルタでも評価の高いホテルをご紹介していきます。

2.1 セント ジュリアンズ地区

①ラディソン ブル リゾート (Radisson Blu Resort, Malta St. Julian’s)
① ラディソン ブル リゾート (Radisson Blu Resort)
セントジョージ湾の海岸沿いに位置し、前面が地中海という眺めが素晴らしい静かなエリアの5つ星ホテルです。
近くのバス停から8km先のバレッタへアクセスでき、マルタ国際空港まで車で20分です。屋外プール2面、屋内温水プール、無料Wi-Fiと部屋には大きなバルコニーが付いています。

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Radisson Blu Resort, Malta St. Julian’s』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

②マリーナ ホテル コリンシア ビーチ リゾート(Marina Hotel Corinthia Beach Resort)
② マリーナ ホテル コリンシア ビーチ リゾート(Marina Corinthia Resort) セントジョージ湾を一望でき、そこに沈む美しい夕日を眺めることができるホテルで、ビーチまで徒歩5分の4つ星ホテルです。
砂浜とパーチェヴィルの繁華街からすぐの場所にあり、Apollo Day Spaの屋内温水プール、サウナ、ジム、ウェルネス施設も無料で利用できます。

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Marina Hotel Corinthia Beach Resort』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

③ ホテル バレンティーナ(Hotel Valentina)
③ ホテル バレンティーナ(Hotel Valentina)

ビーチまで徒歩5分で、セントジュリアン中心部の賑やかなパーチェヴィル地区にあるスタイリッシュなデザインのホテルです。スイミングプールも完備で、料金設定もリーズナブルと滞在者に好評です。

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Hotel Valentina』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

2.2 スリーマ地区

①ホテル フォルティナ (Fortina Hotel)
①ホテル フォルティナ (Hotel Fortina)

スリーマの閑静なエリアの海辺に位置する4つ星ホテルで、客室からは地中海の景色や庭園が望めます。ウェルネス施設、屋内と屋外のプール4つを併設しており、大型ショッピングセンターがすぐそばにあり買い物も便利です。
ホテルからスリーマ・フェリーターミナル、バスターミナルまで600mです。

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Fortina Hotel』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

②スリーマ マリーナ ホテル (Sliema Marina Hotel)
②スリーマ マリーナ ホテル (Sliema Marina Hotel)

このホテルはスリーマの海岸沿いにあり部屋から眺める地中海は素晴らしく、スリーマ・バスターミナルやバレッタ行きのフェリー港のすぐ近くにあります。
コスパも良く、クチコミでも高得点のスリーマの人気ホテルです

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Sliema Marina Hotel』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

2.3 ゴゾ島周辺地区

①ホテル タチェンチ (Hotel Ta’ Cenc & Spa)
①ホテル タチェンチ (Hotel Ta’ Cenc)

地中海を遥かに眺め、眼下にゴゾ島の崖を見降ろす高台にある5つ星ホテルで、スイミングプール、テニスコート、専用ビーチなどの設備があります。
プールはハイドロマッサージコーナー付ですので疲れた体を癒してくれます。

『最安値検索』は
こちらが便利です
注)『Hotel Ta’ Cenc & Spa』で検索してください

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

②ヒルロック・レジデンス・アパートメント (Hillock Residence Apartments)
②ヒルロック・レジデンス・アパートメント (Hillock Residence Apartments)

ゴゾ島のマルサルフォーンに位置しビーチまで徒歩6分で、 海辺から400mの距離にあるアパートメントです。
キッチンには食器洗い機、オーブン、電子レンジ付が備わり長期滞在に向いています。周辺では乗馬やウィンドサーフィンが人気アトラクションとなっています。

ホテルの詳細はこちらで確認できます
ご予約もできます♪

3.マルタのおすすめビーチ

マルタは小さな共和国で、周りを地中海に囲まれており、多くの美しいビーチが点在しています。
海水が透きとおるように綺麗で、そこからみる朝日や夕日の景色も素晴らしいものがあります。
ここではそんなマルタの人気のビーチをご紹介します。

3.1 ゴールデン・ベイ

3.1 ゴールデン・ベイ

マルタ本島の西側にあるビーチで、エリザベス女王がハネムーンで訪れたことでも有名です。
少し赤味がかった砂が、夕焼けに照らされるときらきら金色に輝いて見えるところからゴールデン・ベイの名の付いたとのこと。
岩場のビーチが多いマルタではめずらしく砂浜のビーチで、長く続くきれいなビーチは遠浅で人気となっています。
砂浜の後ろにあるホテルのカフェの窓辺から、飲み物を片手に眺める海はきっとリフレッシュ感最高でしょう!

3.2 パラダイスベイ(Paradise Bay)/マルタ島

3.2 パラダイスベイ(Paradise Bay)/マルタ島

このビーチはマルタ島の最北端にあり、対岸にゴゾ島を望む比較的静かなビーチです。
周りを岩場に囲まれた砂浜のビーチで、綺麗な海と砂浜が好評で、地元の人も多く訪れています。
周りにはホテルやレストラン、バーなどの施設も充実しており、穏やかな波が特徴で、ダイビングスポットとしても知られています。

3.3 ガーディラ・ベイ (Għadira Bay)/マルタ島

3.3 ガーディラ・ベイ (Għadira Bay)/マルタ島

ガーディラ・ベイ

このビーチもマルタ島の北側にあり、丁度ゴールデン・ベイと背中あわせのメーリッハ湾にある砂浜が長く続くのビーチです。
このビーチも遠浅で、ダイビング・スポットとしても有名です。

3.4 アズールウィンドー(Azure Window)/ゴゾ島

3.4 アズールウィンドー(Azure Window)/ゴゾ島

アズールウィンドーとブルーホール(左)

長い年月をかけて波と風の浸食によって出来た「天然の窓」と呼ばれる岩のアーチです。小さなクルーズ船に乗って海側から洞窟を抜け、自然の創造物を眺めることもできます。
画像下を見ると、ブルーホールと呼ばれるこれも自然が造った海水の穴があり、ダイバーにも人気で、深さ15m位の所で外海へと繋がっています。
岩場なので見学には、底がしっかりした靴がおすすめです。

3.5 ブルーラグーン(Blue Lagoon) /コミノ島

3.5 ブルーラグーン(Blue Lagoon) /コミノ島

ブルーラグーン(Blue Lagoon) /コミノ島

マルタには沢山の美しいビーチがありますが、コミノ島の「ブルーンラグーン」の美しさは格別だと言われています。
行き方はマルタ島の北端チェルケウア港まで行って、ブルーラグーン行きのフェリー(夏のみ運行)に乗ります。
このビーチは砂浜ではなく岩礁であり、それ程広くないビーチのため、ゆっくり浜辺でくつろぐというよりは、きれいな海水を楽しんだり、小さなクルーズーで海岸沿い見るのがおすすめです。

3.5 ブルーラグーン(Blue Lagoon) /コミノ島

ブルーラグーン(Blue Lagoon) /コミノ島

4.マルタでパーリーピーポーになれるクラブやバー!

4. マルタでパーリーピーポー(Party People)になれるバー、クラブ!

昼間は遺跡巡りやビーチで寛ぐことの多い、マルタのナイトライフはどういう感じなのでしょうか?
マルタのナイトライフを楽しむには、主にセントジュリアン地区のPaceville(パーチャビル)と呼ばれる地域にクラブやバーが密集しており、まずはここに行くことがおすすめです。
その他にもサルサクラブ、パブ、カジノ、ボーリングなど、あらゆる娯楽施設が集まっており、マルタの歓楽郷といった所でしょうか。
特に金曜と土曜の夜は大変な賑わいをみせ、全てのクラブが入場料無料、そしてドリンクも安いと評判で、この辺りのストリートは文字通り人で溢れます。
食事面でも地中海の海の幸を食材にしたレストランでの夕食や、クラシックなビンテージ・バーで静かにお酒を楽しめこともできます。
そして、心の準備ができたらクラブやバーに繰り出し、パーリーピーポーに大変身しよう!

4.1 Bar Native

① Bar Native

店内はもちろん外にも席が設けられ、通常は典型的なパブとして、時には大画面にサッカーの試合中継を流して歓声に包まれ大いに盛り上がり、マルタの中でも最もホットなクラブと言われています。
盛り上げがうまいベテランDJの音楽に乗って、朝までパーリーピーポーになって踊り明かしましょう!

4.2 Hugo

② Hugo
パーチャビルにある歴史の古い伝統的なクラブで、マルタのナイトライフを満喫するに相応しいクラブです。
2階はDJが掛けるミュージックを聴きながら、お酒を片手にシックなひと時を過ごすことができ、サルサバーではラテンミュージックによりダンシングタイムの始まりです!

4.3 Havana

③ Havana
Havanaは主にソウル・R&Bミュージックでゲストをリードするクラブで、夜中近くに道路まで人が溢れ、一番盛り上がりをみせます。
2階には6つのバーと広々としたホールがあり、トップクラスの音響システムにより奏でられるミュージックに乗ってダンシングです!

4.4 Footloose

④ Footloose
Footlooseはパーチャビルにある若者に大人気のクラブです。
10時過ぎに一番盛り上がりをみせ、若い学生客が多いのでノリが良く、皆で並んでジャンプでダンス!全員パーリーピーポー!

4.5 BLACKGOLD

⑤ BLACKGOLD

マノエル島を見渡す湾に面したクラブで、レストラン、パブ、スポーツバー、ミュージックハウスとしてレパートリーも広く地元の人にも人気で、時間を問わずいつも賑わっています。
常時、ライブミュージックの演奏も行われています。

4.6 DUBLINER

⑥ DUBLINER
Spinola Bayにあるアイリッシュパブで、マルタでアイルランドの雰囲気に浸りながらゆっくりギネスビールなどを楽しみたい方におすすめです。
毎週木曜日はライブミュージックも行っており、アイリシュ・ダンスやリバー・ダンスも楽しめるかも。

まとめ

地中海に浮かぶ島国マルタは、小さいながら世界遺産の歴史的遺跡や、美しいバレッタの市街地など見所が満載ですね。また綺麗なビーチも多く寛ぎやリフレッシュの時間を持つのにピッタリの場所です。
是非時間を作って訪れてみたいですね!

関連記事

  1. ニューヨークで発見!観光で絶対外せないおすすめ穴場スポット5選!

  2. ニューヨーク セントラルパークを大解説!楽しむ歩き方

  3. 危ない国と思っていませんか?! 本当は観光地がたくさんあるイスラエル!

  4. 夏休みにファミリーで海外旅行に行くなら韓国がオススメ!その理由は・・

  5. 海外で登山をするならココ!おすすめスポット9選

    海外で登山をするならココ!おすすめスポット9選!

  6. 必見!スコットランド旅行に行くなら外せない観光スポットの魅力に迫る!

  7. アイルランドの首都!ダブリンのおすすめ観光スポット

    アイルランドの首都!ダブリンのおすすめ観光スポット

  8. 10月から12月に行くのがオススメ!世界の海の知られざる穴場ビーチ 特集 !

    10月から12月に行くのがオススメ!世界の海の知られざる穴場ビーチ 特集 !

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP