スイス観光と言えばチューリッヒ!歴史ある美しい街並みと建物に酔いしれよう!

みなさんはチューリッヒという都市を知っていますか?日本人は「どこの国なの?」と聞いたことはあってもあまり詳しくは知らない人が多い気がします。

チューリッヒはスイスの都市、首都ではないですがスイスの中で一番大きな都市です。そしてその有名度はスイスの中だけではなく、世界的にも有名な都市なのです。

チューリッヒ観光についての紹介をしていきたいのですが、その前にどんな都市なのか、どういった特徴があるのかについてざっくり説明していきます。

世界には色々な国、都市がありそれぞれ歴史もありますが、チューリッヒはローマ時代から栄えた歴史を持つ都市です。そしてお隣の国、ドイツとイタリアを結ぶ交通の要衝として発展した都市でもあります。

歴史のある都市なので史跡や名所というものが数多くあり、その理由から観光に訪れる人も多いということなのです。そして、そんな場所に住みたいという人が移住してきたりもするんですね。

その証拠として2006~2008年では「世界で最も居住に適した都市」として選ばれました。住みやすいだけではなく、世界的な金融センターとしても有名で、世界では11位、ヨーロッパではロンドンに次ぐ第2位となっています。

そんな世界的にも有名なチューリッヒ。今回は私たち日本人が観光として訪れる際に行っておきたい歴史ある美しい街並み、名所を順にご紹介していきたいと思います。

歴史ある建造物「スイス国立博物館」

チューリッヒ中央駅のすぐ目の前に位置する「スイス国立博物館」、とてもアクセスが良いのでチューリッヒに来たらまずここを観光する、といった人も多い場所です。

大都市なのにこういった博物館が駅のすぐそばにあるというのはなかなかに珍しく、私も実際に行ったときには驚きました。そしてなんと言っても外観から漂う存在感。まるで古城のようです。

この博物館にはスイスの文化、歴史を物語っている様々なものが展示されていて、観光客だけでなく地元の小・中学生も見学に訪れていました。

時間にして1、2時間くらいはこの博物館を堪能できると思います。スイスの人はどう生活してきたのか、どういった文化があるのかをこの博物館で全てわかるくらいのボリュームがあったので是非行くことをオススメします。

展示方法が斬新でおもしろい!

博物館の中は結構広いのですが、たくさんある展示室の展示方法がとても凝っていて、足元の窓のようなところからその下にある展示品を見たりできます

室内なのに坂道があったりなどとても館内の造り自体にもこだわりがあるようなので、展示品を見る以外にも違う楽しみ方ができる博物館となっています。

スイスパスを持っていると入場料が無料!

スイスパスは「スイストラベルパス」といって国鉄などが乗り放題という絶対に購入しておいたほうがいいものです。このパスを持っているとスイス国立博物館への入場も無料になるので是非購入しておきましょう。

電車などだけではなく、船なども無料で乗ることができます。チューリッヒは湖が多く、湖船を乗ることが多くなると思うので買っておくことをオススメします。

名称:スイス国立博物館(Schweizerisches Landesmuseum)
住所:Museumstrasse 2, 8001 Zürich, スイス
時間:10:00~17:00(火、水、金、土、日)、10:00~19:00(木)
休み:月曜
電話:+41 44 218 65 11
料金:10フラン(約1,300円)
公式サイト:スイス国立博物館

初めてのチューリッヒならコレ!チューリッヒの人気定番観光&アクティビティ

時計がとても美しい「聖ペーター教会」

9世紀に建てられたと言われているチューリッヒ最古の教会「聖ペーター教会」ですが、チューリッヒ唯一のバロック式の教会となっています。

外観で一番目につくのはもちろん時計塔ではありますが、教会だけあってとても落ち着いた感じがします。周りもとても静かで少し入るときには緊張したのを覚えています。

教会内の造りは簡素でとてもシンプルなイメージ、中も静かで私が行ったタイミングではあまり観光客がいませんでした。パイプオルガンの演奏を聴きながら座って癒されることができました。

ゆっくりまったりしたい方は是非訪れてみてください。日本ではなかなか味わえない空間だと思います。ちなみに日曜日の午前中は中に入れないみたいなのでそこは注意してください。

チューリッヒのシンボル的存在「時計塔」が凄い!

写真にも写っている時計塔は1534年に建設されたと言われています。この時計塔のどこが凄いのかと言うと、時計盤がヨーロッパでは最も大きい時計塔なんです。

その時計盤の直径は8.7メートル、長針の長さは4メートルもあります。5個の鐘が付いていて、昔は火事番が住んでいてチューリッヒの街を火災から守っていたそうです。

今ではチューリッヒのシンボル的な存在で地元の人からも親しみを持たれています。中に入れないタイミングもありますが、外観を見るだけでもとても美しいので是非行ってみてください。

名称:聖ペーター教会(Kirche St. Peter)
住所:St. Peterhofstatt 2, 8001 Zürich, スイス
時間:8:00~18:00、10:00~16:00(土)、11:00~17:00(日)
休み:無し
電話:+41 44 211 60 57
料金:無料
公式サイト:Kirche St. Peter zürich

初めてのチューリッヒならコレ!チューリッヒの人気定番観光&アクティビティ

ステンドグラスが綺麗な「フラウミュンスター(聖母聖堂)」

先程の「聖ペーター教会」はバロック式の教会、今回ご紹介する「フラウミュンスター」は12~15世紀がゴシック式の教会、現在はロマネスク様式も取り入れられ、ネオゴシック様式の部分もある教会となっています。

20世紀に入り、芸術家として有名な「マルク・シャガール」という方がステンドグラスを取り付け、観光客はもちろん地元の人からもとても愛されている場所です。

フラウという意味はドイツ語で「女性」という意味らしく、853年に女子修道院と一緒に建てられたことからこの名前が付けられたそうです。

青、緑色っぽい色合いの尖塔がとても目立ち、聖ペーター教会の時計塔と同じくフラウミュンスターもチューリッヒのシンボル的存在となっています。

そのシャープな尖塔がとても美しく、見ている人を引きつける魅力があるので是非みなさんも行かれてみてください。

何よりステンドグラスが美しすぎる!

先程も名前が出たマルク・シャガールが手掛けたステンドグラス、これが何よりも美しく、教会の中では写真を撮る人がたくさんいました

教会の中に光が差し込んでいるその画、その光でステンドグラスがキラキラとした感じは今でも覚えています。家族はもちろんカップルで行く際は是非ともオススメしたい場所です。

名称:フラウミュンスター(聖母聖堂)(Fraumuenster)
住所:Münsterhof 2, 8001 Zürich, スイス
時間:10:00~18:00(11月~2月は~17:00)、11:15~18:00(日)
休み:無し
電話:+41 44 211 41 00
料金:5フラン(約650円)※16歳までは無料
公式サイト:Fraumuenster

初めてのチューリッヒならコレ!チューリッヒの人気定番観光&アクティビティ

華麗なオペラハウス「チューリッヒ歌劇場」

写真でもその美しさが伝わると思いますが実際に見るととても華麗で素晴らしいオペラハウスです。このオペラハウス「チューリッヒ歌劇場」はフェルナー、ヘルマーというオーストリアはウィーンの建築家によって建てられたそうです。

このオペラハウスは再建しているらしく、今のかたちのネオゴシック様式の劇場になりました。それでも外観や造りはそのままとなっていて、中の機材だけは最新のものを使用しているそうです。

オペラハウス、と聞くと少し大きいイメージがありますが、このチューリッヒ歌劇場は大きくなく、座席の数も1,000席とちょっと。だからこそ伝わる繊細な音は格別です。

「ローザンヌ国際バレエコンクール」などでもスイスは有名ですが、このチューリッヒにもバレエダンサーが所属していて、日本人の方も何人かいるそうです。

オーケストラだけでなく、バレエなども上演されるので興味のある方はあらかじめチェックして予約をしておくことをオススメします。

毎年3月には「オペラ座舞踏会」というものもあり、有名人の方もたくさん来るようなのでそちらも是非チェックしてみてください。

チューリッヒ歌劇場の中もとても美しい!

この写真のように中はとっても大きいわけではありませんが、空間は広々としている感じ、そしてオペラハウス内のデザインは細部までこだわりがあって見ているだけでも美しくて感動します。

2014年にチューリッヒ歌劇場は「最優秀オペラハウス」に選ばれるなど、この美しさは私が思っている以上に世界的に認められているものなのです。この美しさは是非実際に見て欲しいと思います。

名称:チューリッヒ歌劇場(Oper Zürich)
住所:Falkenstrasse 1, 8008 Zürich, スイス
時間:上演時間による
休み:無し
電話:+41 44 268 66 66
料金:上演内容による
公式サイト:Opernhaus Zürich

初めてのチューリッヒならコレ!チューリッヒの人気定番観光&アクティビティ

2本の塔が目印!「グロスミュンスター大聖堂」

大教会という意味を持つプロテスタントの教会「グロスミュンスター大聖堂」の外観は美しいロマネスク様式で造られています。写真でわかるようにこの2本の塔がこれもまたチューリッヒのシンボルとなっています。

教会の中に入るとこれもまた綺麗なステンドグラスが……しかし、残念ながら中の撮影は禁止となっているのでお見せすることができません……。みなさんの目で実際に見てみてください。

塔からの景色が最高!

塔に登るのには料金が4フランかかります、そして登るので多少は疲れます、……しかし、この景色を見てください。その疲れも吹き飛ばすかのようなこの風景。

塔から見ることができるチューリッヒ湖の綺麗な輝きはとても美しいです。みなさんも訪れた際は面倒くさがらず是非登ってこの景色を堪能してみてください。

名称:グロスミュンスター大聖堂(Grossmuenster)
住所:Grossmünsterplatz, 8001 Zürich, スイス
時間:聖堂→ 10:00~18:00(冬季は~17:00)
塔→ 10:00~17:00(冬季は~16:30)、12:30~17:30(日曜)
休み:無し
電話:+41 44 252 59 49
料金:大人4フラン(約520円)、子供、シニア2フラン(約260円)※聖堂の入場は無料
公式サイト:Grossmuenster

チューリッヒ歴史ある建造物を是非堪能してください!

もっともっと観光名所をご紹介したいところですが長くなってしまうのでこの5ヶ所でおしまいにしたいと思います。

チューリッヒには旅行好きの人のニーズにあった観光名所があると思うんです。博物館、教会、オペラハウス、今回は建造物のご紹介なのでチューリッヒ湖やリマト川の見どころはお伝えできてないですが、とてもたくさんあるのです。

若い人でもご年配の方でも楽しめるチューリッヒは観光にはもってこいだと思います。本記事でその魅力を少しでもわかっていただき、「チューリッヒに行ってみよう!」と思っていただける人が増えたらいいなと私は思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

  1. 【保存版】香港に住む私が語る”ガイドブックには載ってない穴場”はココ!

  2. 恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

    恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

  3. パース

    世界で一番美しく住みやすい街パースに弾丸旅行!実際に行った私の素直な感想

  4. すでに有名所は抑えた!ニューヨークおすすめ観光スポット中級編

    すでに有名所は抑えた!ニューヨークおすすめ観光スポット中級編

  5. ダイビング好き必見!オススメ、ダイバースポット 上級編

  6. 1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

    1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

  7. ダイビング好き必見! 中級の方へオススメダイビングスポット5選

  8. 実は魅力がたくさん!イスラエルのおすすめ観光スポット

    これぞ穴場!?実は魅力がたくさん!イスラエルのおすすめ観光スポット!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP