行ってみたい、ドイツのオススメ観光スポット8選!

ドイツの街には今も中世の面影の色濃い家並みや石畳の道などが残っており、多くの世界遺産が各地に点在し昔の雰囲気を伝えています。
またライン川沿いの古城や南部のアルプス山脈を望むロマンチック街道など、沢山の見るべき観光地が訪れる人々を待っています。

今回はそんなドイツの行ってみたい街、オススメの観光地についてご紹介していきます。

1.ケルンの街

ケルンはドイツを代表する街のひとつとして知られており、観光地としても人気のスポットです。
場所はドイツの西側ライン川の河畔にあり、ベルギー、オランダとの国境近くに位置しています。

ケルンにはゴシック様式建築の粋を集めて設計され建造されたケルン大聖堂をはじめ多数の美術館や博物館、中世の雰囲気を残す街並みや、ライン河畔の自然公園など見所や行くべき所が沢山あります。

1.1 ケルン大聖堂

1.1 ケルン大聖堂

1.1 ケルン大聖堂

1.1 ケルン大聖堂
ケルンのシンボルとも言える世界遺産にも登録されているのがケルン大聖堂です。
ケルン中央駅の前にそびえる高さ157mの高塔を持つゴシック様式のカトリック教会は、近くで見ると想像以上の迫力に圧倒されます!
是非訪れてその迫力を実感してみてください!

聖堂の内部に入り静寂に包まれた重厚で華麗な祭壇を見ていると思わず身が引き締まります。
その他にも「バイエルン窓」と言われるステンドグラスや、黄金の聖櫃、祭壇画など見所がいっぱいです。

1.1 ケルン大聖堂

またこの聖堂を上空から見ると十字架の形をしていることでもよく知られています。

1.2 ケルン旧市街地

1.1 ケルン大聖堂
ライン河畔にあるケルンの旧市街地には中世の街並みの面影が今も色濃く残っています。
石畳の道、石や煉瓦で造られた色彩豊かな家など、まるでおとぎの国に迷い込んだようです!
街の中にはカフェやスイーツの店などもあり、歩いて観て廻った後の広場や休憩スポットも沢山あります。

2. ミュンヘンの街

ドイツの観光で人気ナンバーワンの街ミュンヘンはドイツの南部、オーストリアとの国境に近い都市です。
ミュンヘンの魅力は中世の歴史を感じさせる景観が今もいたる所に残っていることです。

2.1 マリエン広場と新市庁舎

2. ミュンヘンの街
ミュンヘン市街の中心部がこのマリエン広場でその中央には黄金のマリア柱像が輝いています。
また広場正面に建つ堂々たる新ゴシック様式の新市庁舎には約100mの塔があり、その内部の見学もお忘れなく!

2. ミュンヘンの街

2. ミュンヘンの街
塔の中央の時計の下には11、12、17、21時の時報と共に動く等身大のからくり人形の仕掛けもあるので、是非こちらもお見逃しなく!
2.2 フラウエン教会

2. ミュンヘンの街
マリエン広場から歩いてすぐの場所にある2つのタマネギ型のドームの高塔が特徴のフラウエン教会は、15世紀の後半に建てられた後期ゴシック様式の教会で、塔の高さは北塔が100m、南塔が99mあり,
南塔にはエレベーターか階段で上の展望階まで登ることもできます。
ここからの眺望は素晴らしくミュンヘンの街が一望でき晴れた日には遠くアルプスを見ることができます。
教会内部には荘厳な白い柱が両側に連なり一見窓が無いように見えるのが特徴です。
また入口付近にある有名な“悪魔の足跡”も見逃さないように!

3. ニュールンベルク

中世に建造された城壁に囲まれたニュールンベルクの街は、ドイツのやや南チェコとの国境に近い街です。

3.1 ニュールンベルクの市街地

3. ニュールンベルク
街をぐる3. ニュールンベルクりと取り囲む城壁と古城カイザーブルク城下に広がるニュールンベルクの全景は、まさにドイツの中世都市を彷彿とさせる光景です。
城下の街の中心には古い大きな教会が荘厳な様子で建ち、オレンジ色の屋根と木枠の出た白い塗り壁の家並みを縫うように通っている石畳の路地は、まるで童話に出てくるメルヘンの世界を見ているようです。この教会近くの街並みを眺めながら、是非石畳の路地を歩いてみてください。

4. ローテンブルク

4.1 ローテンブルクの街並み

4. ローテンブルク

4. ローテンブルク

ローテンブルクは有名なロマンチック街道上の街でニュールンベルクにも近い街です。
(地図は、上記3.ニュールンベルクを参照)
この街の歴史は9世紀までさかのぼり城壁に囲まれた街は、中世の街並みがほぼ完璧な形で残っているため「中世の宝石箱」と名付けられ人気の観光スポットとなっています。

4.2 ローテンブルクのマルクト広場と市庁舎

4. ローテンブルク
マルクト広場にはルネッサンス様式とゴシック様式のそれぞれ2つの異なる建築様式で建てられた市庁舎が建ち街を代表する建物となっています。
この広場の周りにはレストラン・カフェ、お土産屋さんなどが並び地元の人や、観光客のくつろぎの場所になっています。

5. ドレスデン

ドレスデンはエルベ川沿いの平地に開けたドイツの東の端、チェコとの国境近く30キロメートルほどに位置する街です。
5.1 ドレスデンはドイツの「水の都」

5. ドレスデン
ドイツの中でも有数の美しい都市として観光の人気も高い「水の都」ドレスデンは、ドイツの東部の街でチェコへ行く中継点としてもよく利用される街です。

街を縦横に流れる「エルベ川」沿いにある街並みは「水の都」と称されるほど、その眺めは美しく特に黄昏時から夜にかけての幻想的な夜景の眺めが見る人を魅了してやみません。
川には遊覧船も沢山営業していますので、是非川からの街並みも楽しんで下さい。
5.2 ドレスデン, フラウエン聖母教会

5. ドレスデン

街の中心に位置する観光名所となっているフラウエン聖母教会はその大きなドーム型の石の屋根が特徴の美しい教会です。
しかしこの教会も第2次大戦の戦火を免れることができず空襲で崩壊してしまいましたが、住民の強い願いで11年の歳月をかけて見事にその美しい姿が再建されました。

6. ネルトリンゲン

ネルトリンゲンはドイツの南部のミュンヘンにも近い場所に位置しています。
6.1 円形の街並み

6. ネルトリンゲン
ネルトリンゲンは1500万年前に落下した隕石のクレーターの上の造られた街でその周囲は直径23 kmありドイツ南部ミュンヘンの北に位置しています。
街の上空写真を見ると円に近い街の形状が、クレーターの上にできた街という事が確認できる世界でも珍しい街です。
6.2聖ゲオルグ教会の名誉職員

6. ネルトリンゲン
ネルトリンゲンの街の観光名所である聖ゲオルグ教会は街の中心に立つ壮麗な教会ですが、この教会に住み着いたネコが街のみんなに愛され「ヴェンデルシュタイン」という名前で可愛がられており、なんと市の名誉職員に任命され脚光を浴びて人気となっています。

是非、訪れて会ってみたいですね!

7. ハイデルベルク 

古城とその城下町からなるハイデルベルクはまさに中世ヨーロッパと称され、ドイツの南西部フランスとの国境近くに位置します。

7.1ハイデルベルク城

7. ハイデルベルク
街の中心からメイン通りを通ってハイデルベルク城まで街並みを見ながら歩いて行きます。
途中の街並みは石畳、オレンジ色の瓦に白い壁の家が続き、まるで中世にタイムスリップしたような童話の絵本の中の世界を歩いているようです。
城からの眺めも素晴らしく城下街に沿うように流れるネッカー川や、そこに架かるオレンジ煉瓦の大きな
メガネ橋、遠くに見える山並みなどいつまで見ていても飽きることがありません。

8. ノイシュヴァンシュタイン城

8. ノイシュヴァンシュタイン城
最後にご紹介するのはドイツ観光でここだけは外せないという、ノイシュヴァンシュタイン城です。
この城はドイツの最南端ロマチック街道の終点フュッセンの街の近くの山上に建っています。
ミュンヘンからはバスで約2時間位。 ガイド付きツアーに参加するのがおすすめです!

山上に白く華麗な輝きを放つ名城ノイシュバンシュタインは、またの名を白鳥城とも呼ばれています。
ディズニーランドにある城のモデルになったことでも知られていますね。

19世紀にバイエルン王ルートヴィヒ2世によって巨費を投じて建築されました。
王が庇護した作曲家のワグナーの楽曲に出てくる世界を、王が「自身の作品」として中世への憧れを具現化するロマンチックな城を造ろうと決意し設計され建てられたという事です。

城内部の見学ツアーには日本語の音声ガイダンスもあるので、是非訪れてみたい一見の価値のある城です。

[まとめ]

いかがでしたか?
ドイツには古い歴史を感じさせる街並みや、きれいな自然に囲まれ落ち着いた街など見所も多いので
是非訪れてみてください。
きっとあなたの人生の貴重な旅の思い出になりますよ!

関連記事

  1. セブでリラックスしたいならここ!オススメリラクゼーション3選

  2. 二度目のフィンランド ちょっとディープな海外旅行〜お小遣い5万で充実の旅

  3. 息を呑むほど美しい……世界一とも言われるカナダの紅葉おすすめスポット5選!

  4. ダイビング好き必見! 初級の方へオススメダイビングスポット5選

  5. カンボジアの魅力はここに行けばわかる!魅力的な場所まとめ

  6. マサイ族とライオン・キングな世界を体験しよう

    マサイ族とライオン・キングな世界を体験しよう!

  7. セブ島で夜遊びするならココ!人気のローカルクラブをご紹介!

  8. ダイビング好き必見! 中級の方へオススメダイビングスポット5選

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP