初めてのシンガポール一人旅! 現地で話題のMeetupに参加してみたら凄かった…

忙しかった仕事も一段落したし、有給休暇も大分たまったきたので、消化の意味で旅行でもしようかな?
そんなキッカケから、前から一度行きたかったシンガポールに一人旅をしようと思い立ちました。
シンガポールに決めた理由は、見所も沢山ありそうだし、アジアの中でも比較的治安がいいので、女性の一人旅でも大丈夫だろうと思ったこと。
それに、シンガポールで開催されるMeetup(ミートアップ)に興味があったので、是非それに参加したかったこと。
前に日本で開催されたMeetupには参加したことがあり、大体どういうものか分かっていたし、今回はシンガポールという海外で、しかも現地の人々と英語でコミュニケーションができるということに、魅力を感じ参加することにしました。

出かける前に友人のA子に「シンガポールに一人旅してくるね。そこで行われるMeetupにも参加しようと思うの!」と話をしたところ、
「シンガポールか、いいな。でも’ミートアップ’って何?」と聞かれました。
そうか、Meetupは日本ではまだあまり知られていないかもしれませんね!
そこで今回は「Meetupとは何か?」から始まって、実際にMeetupに参加した時の体験などを交えて、お伝えしていきますね!

そもそもMeetupとは?

 

Meetupとは世界中で2,700万人以上が参加している、共通の地域や興味や関心事に関するコミュニティを簡単に始め、運営することを可能にするプラットフォームサービスです。
このプラットフォームサービスを運営しているのが、2001年にニューヨークで創業された「Meetup社」で、’Meetup’とは、この会社が創りだした造語です。
Meetupは、主催者であるスコット・ハイファマンさんが2001年に発生したニューヨーク同時多発テロを契機にしてアメリカ全土で人々の心が疑心暗鬼と憂鬱で沈滞した気持ちになっていったと感じ、このままではアメリカでの地域のコミュニケーションが無くなってしまうという思いから、地域住民のコミュニケーションの復活を目指して設立したそうです。

このMeetupのサイトに登録されている、共通の地域の似たような興味を持っている人への告知を行うことで、同じような興味を持っている人が決められた日時、場所に集まり、お互いに交流ができる、言ってみれば、XX同好会みたいなものでしょうか。

Meetupを利用したい場合は、例えばMeetupのサイトに「シンガポール」と入れて検索すれば、シンガポールで行われているイベントが表示されるので、その中から自分が出てみたいと思うイベントに参加するという訳です。

具体的なMeetupの内容としては、テーマや時間、場所を決め、少人数から20~30人くらいの人数でカフェやコミュニティスペースで集う定期的な小規模ミーティング・交流会など、あらゆる場面でコミュニテイ体験を豊かなものにすることを目指している多くのMeetupのサークルが表示されます。

Meetupの登録方法や、使い方は?

Meetupを使う場合は、まずMeetupに登録をします。登録は無料です。
登録から参加までの流れは簡単です。

[ステップ1]

まずは、Meetupのホームページを開きます。

Meetup(ミートアップ)

[ステップ2]

名前やメールアドレス、パスワードなどの基本情報を登録し、入会します。
(既存のGoogleやFacebookのユーザーID、パスワードも使えます)

[ステップ3]

登録が済んだら、参加したいMeetupを検索します。
それぞれのMeetupには、目的や行事の内容の説明などが書かれており、
参加人数や過去の活動状況、画像なども参照することができます。

[ステップ4]

参加したいMeetupがあれば日時、場所、参加費、まだ空席があるか、などを確認して、「join in」ボタンを押して完了です。

後は、指定された時間に直接Meetupの会場に行きます。

ちなみにMeetupへの登録費用はかかりません。
自分で新しくMeetupを立ち上げる場合のみ、有料となっています。

Meetupには、以下の様なカテゴリーが登録されていいます。

アウトドア&アドベンチャー
テクノロジー
家族
健康&福祉
スポーツ&フィットネス
学び
写真
フード&ドリンク
書くこと
外国語&カルチャー
音楽
社会運動
フィルム(映画)
SF&ゲーム
信条
アート
ブッククラブ
ダンス
ペット
工芸&趣味
ファッション&ビューティー
ソーシャル/交流・親睦
キャリア&ビジネス
LGBT(Lesbian、Gay、Both、Transgender

随分沢山のカテゴリーがありますね。要するに、体育会系と文科系のサークル活動みたいなものですね。
これらのカテゴリーの中から、それぞれの地域で行われている自分に合った興味のあるMeetupを見つけて、後は「join in」ボタンを押して完了です。

日本でMeetupに参加したキッカケは!

私が日本でMeetupに参加したキッカケは、前々から自分の英会話能力をスキルアップしたいと思って、英会話のサークルがないか、ネットサーフィンをしながらでサイトを探していた時に、「Meetup」というサイトに掲載されていた一つの英会話サークルを見つけたことです。

内容を読んでみると、参加費は女性が1000円で男性が2000円、丁度次の日曜日に開催されるという事で「何かしないと、何も始まらない」という意気込みで、参加してみようと思いました。

Meetupの参加費に関してはサークルによって様々で、無料のところもあれば、500円とか1000円などいろいろで、大体場所代とか、ドリンク代に充てられているようです。
男性の参加費は女性より高く設定されているサークルが多いようです。

今回はまず「Meetup」に無料登録し、次にお目当ての英会話サークルの「join in」ボタンをクリックして参加の意思を開催者に告げました。

Meetupに実際に参加した時の様子!

次の日曜日にどんな英会話サ-クルだろうという不安と期待を胸に出かけました。
指定されたいた場所は、山手線の駅から歩いて4~5分の最近はやりの喫茶を兼ねたカフェバーみたいなところでした。
入り口には、「Meetup]のロゴが書かれたサインも出ていました。

中に入ってみると、小さなテーブルに座った外人の受付の女性が、予期に反して「コンニチワ!」と日本語で声をかけてきました。
そこで名前を告げると、すぐに参加登録されていることが分かったようで、会費を払いました。
受付の人が奥を指さして空いている席に座るようにと言われました。
カフェの奥は落ち着いた感じの作りで、インテリアも洒落ていてアダルトな雰囲気で、結構沢山の人が既に座っていました。
白人さんもいれば、アジア系の人もいて、国際色豊かな感じで「ハロー!」と言って空いた席に座りました。
ドリンクを注文した後、私がラストだったようで、さっきの受付人がやってきて挨拶やこのサ―クルの主旨や目的を今回は英語(w)で説明されました。

最初は順番に簡単な自己紹介をして、テーブルごとにフリートークに入ります。
自己紹介を聞いていると、北米、南米、アフリカ、アジア、ヨーロッパなど世界各国から来ていることが分り、英語圏の人も沢山参加していて興味深かったです。
参加者は女性が10人位、男性は倍の20人位の感じでした。

このサークルの面白かった所は、ある時間を決めて日本語タイムがあり、外人さんが一生懸命しゃべるカタコトの日本語で聞いていると頑張っているなと感じで、この日本語タイムがあるから外国人が結構多く参加しているのだという理由が分かりました。

その後は、自分の行った国や旅行の話、おすすめの海外や日本の場所、趣味や映画などの話で盛り上がり、あっと言う間に決められた2時間を大幅にオーバーして主催者からのクロージングの挨拶と、次回の開催の予定などの話があり閉会となりました。

今回のMeetupに参加してよかったこと!

やはり英会話は「習うより慣れろ!」ということで、なるべく英語の環境に身を置くことが重要のようです。
そういう意味で、今回のMeetupの英会話サークルへの参加は、外国人が多く参加していて皆フランクな人たちで、ネイティブの人と会話ができ生きた英語に触れられたことが大変良かったです。
それに英会話教室に行くことを考えたら、割安なことなどです。

次回開催されるサークルにも参加してみようと思います。

シンガポールで開催されたMeetupにも参加してみた!

今回のシンガポール一人旅の目的の一つであるシンガポールのMeetupに参加した時の様子も紹介しますね。

シンガポール力に出かける前にMeetupのサイトで、”Singapore”と入力して検索した結果、沢山のサークルが表示されましたが、その内の一つがこれでした。

「Make New Internationals Friends in Singapore!」

このサークルの趣旨は「シンガポールで新しい友人を作ろう!」という感じでしょうか。その目的や趣旨も何となくシックリきました。
サークルの案内には次の様な事が書かれていました。

ー新しい人も歓迎
ーこれ迄参加の方で新しい友達を連れてくるのも歓迎
ー参加者は 1フリードリック付き
ードレスコード:スマートカジュアル
ー参加費:女性 $10
     男性 $20

サークルの案内には、その他に前回開催された時は57人が参加し、その写真もアップされていました。
写真を見ると、女性も沢山さんしている様子で、参加者の皆が和やかに会話をして楽しげな雰囲気が感じられました。

今回開催されるサークルの日時が、丁度旅行のタイミングと合っているのこと。また「新しい人も歓迎」と書かれてあったことと、さらにまだ空席もあったので、思い切って参加することにして「join in」をクリックしました。

シンガポールで参加したMeetupの様子!

シンガポール一人旅で参加したMeetupの実際の模様をお伝えしますね。

開催された場所は、偶然宿泊しているホテルから歩いて行ける場所で、またマーライオンからも近い、ジャーマン・カフェの一階でした。
夜7時にスタートとのことだったので、7時少し前にカフェに到着し、ガラスの入り口を空けて入っていきました。
中に受付らしい女性が居て「ハロー!」と声を掛けてきたので、挨拶して名前を告げました。
するとその女性は「日本から申し込まれた、初参加の人ね!良く来てくれました」と言ってくれたので、「そうです。よろしくお願いします」と応え握手をして、当日の会費を払いました。
「バーでドリンクを注文して、暫く待っていてね」と言われ、バーでドリンクを注文。
私の後に続いて入って来た女性が、バーに来たので話かけてみました。

共通の話題で、盛り上がる!

彼女はイギリス人で名前は「アン」と言い、現地のツーリスト関係の仕事をして、このサークルには何回か参加したことがあるとのことで、とてもフランクで感じの良い女性でした。
先程受付をしていた女性は、このサークルを夫婦で主催しているドイツ人女性と教えてくれました。
アンが一緒にテーブルに行って、そこ座っている人たちに紹介してくれて、2人で空いている席に座りました。全体を見渡すと、参加者は女性が15人位、男性は30人位の感じでした。
私が日本から来たと知って、前に日本に行ったことがある人が多く、暫くは日本の新幹線や浅草、京都、アニメなどの話題に花が咲きました。

その後も、多くの人と会話して、シンガポール旅行の行くべき見所などを教えてもらいました。
また日本に行きたいという人も多く、日本の見所も伝えておきました。

そうこうしている内に、決められた時間もあっという間に過ぎて主催者の女性のクロージングの挨拶があって、お開きとなりました。
イギリス人のアンを始め、多くの人と連絡先を交換をして、まだビールの酔いも少し残っている中、このサークルに参加してよかったなと思いながら、ハッピーな気分でホテルに帰りました。

Meetupの今後!

Meetupは世界中の多くの人々がサークルを通して集う世界最大のネットワークになってきています。
現在、世界中で毎日9000ものサークルが開催されていて、そこに人々が集い交流を図っていると言われいます。
日本でも最近は、Meetupは盛んに行われていますね。
その中でも特に、言語学習を目的として外国人との交流をはかるMeetupも多く登録されていて人気となっています。
そのサークルに参加することにより、英会話学校に行かなくても、英語で会話をすることができるのです。
そして何よりも外国人の生きた英語に触れることができ、外国の人たちと友達になれる場としても、大きなメリットとなっています。

その他にも、クリスマスやバレンタイン、ハロウィンなどのイベントや、映画、音楽などの自分が好きで関心のあるサークルを見つけて参加することにより、同じ趣味を持つ友達を見つけるかもしれません。
旅行先のシンガポールで思いきって参加してみた現地のMeetupも、本当に良い出会いので場でした。

また多くの人と触れて交流することにより、ビジネス・チャンスに繋がるかも知れません。
このように多くの可能性、チャンスなどを持つMeetupは、今後増々発展していくものと思われ、そのチャンスを生かすのも本人次第ということになりますね。

まとめ

今回は今世界で流行のMeetupがどういうものか、また日本のMeetupのサークルと、旅行で行ったシンガポールのサークルに実際に参加してみた時の、体験談などを交えてお伝えしました。
Meetupは、今後ますます盛んになり人気も出てくると思われるので、是非自分に合ったサークルを見つけて参加してみて下さい。きっと新しい世界が広がりますよ!

関連記事

  1. 2018年NYタイムズスクェアでカウントダウンからの夜明けまでの楽しみ方!

  2. 世界一が似合う国!ギネス認定2018年の年越しはドバイで決まり!

  3. ミャンマーの伝統化粧品タナカって何?驚くべき効果と成分について大公開!

  4. 返り血を浴びてしまう!?世界一危険な格闘技ラウェイを生で観戦しに行こう!

  5. 今年のNo.1 映画はコレ!? ヴェネツィア国際映画祭2017金獅子賞を勝手に予想!

  6. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集

    【閲覧注意】世界の奇習にドン引き!? ちょっと見るのも怖い風習特集!

  7. バックパッカーがその目で見た!ぜひ体験してほしい世界の祭りオススメ12選!

  8. 神秘の国インドの『ホーリー祭り』!ヒンドゥー教文化のお祭りは世界一クレイジー!?

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP