驚きの連続!?日本では考えられない世界の風習

世界中これだけの人口や民族がいれば、日本では考えられないような風習がたくさんあるんです! 思わずびっくりしてしまうような風習から、馴染みのあるものまで調べてみました!

・ヨーロッパ編

・ヨーロッパ編

デンマークやノルウェイでは家に誕生日の子がいると、わかりやすく目立つように家の外に旗をかざるそう。
また日本とは違い誕生日を迎える本人が誕生日パーティを主宰してお友達を招待します。
日本だとサプライズをしてもらったり、お祝いしてもらうのが一般的ですがヨーロッパの一部の地域では「誕生日はお世話になった人に感謝する日」なのかもしれないですね。

 

フランスでは5月1日に愛する人にスズランを贈るという風習があります。スズランをプレゼントされた人には幸運が訪れると信じられているのです。そのため、5月1日が近付くとフランスの街中どこにでもスズランが売っているそう。
ハロウィンといえば、仮装をしてお菓子をもらいに家を訪れるのが一般的ですが、イタリアでは「死者の日」と呼ばれ、日本で言うお盆のような存在。
最近ではアメリカの影響を受け、仮装パーティを楽しむ若者もいますがイタリアではお盆の様に死者を追悼する日と認識されています。「死者のお菓子」といわれる伝統的なハロウィンのお菓子を食べたり、親族のお墓参りに行ったりするそう。

・アジア編

・アジア編

日本では出された食事を残すと失礼だと感じますが、中国ではその逆。
出された食事をすべて平らげてしまうと、食事に満足していないという意味をもたれてしまうのです。たとえもったいないと感じても、中国では料理を少し残すのがベター。

 

同じくお隣の国、韓国もそうです。最近の若者は気にしない方もいるそうですが、やはり少し残した方が礼儀としては良いかもしれません。ただし、大量に残すのはやめておきましょう。

日本ではお茶碗を持ち上げて食べるのがマナーですが、韓国では器は食卓に置いたまま食べるのが一般的。韓国で使われている器はステンレス製で熱を通しやすいため、食卓に置いたままスプーンなどで召し上がります。

年長者を敬う韓国では、目上の方と食事をする際は目上の方が食べ始めてから箸を持つのがマナー。また、たばこやお酒も目上の方がいる場合はおおっぴらに飲酒するのは避けましょう。

 

・アジア編

インドで左手は不浄の手。インドではトイレで用を足したとき、左手を使って洗い流します。そのため、握手をする際や食事をする際は右手で行いましょう。

・アジア編

日本人はNOと伝えたいとき、首を横に振るがインドではYESの際に首を横に振る。旅行の際は紛らわしいので注意が必要。

 

ベトナム、ルー族の女性は昔の日本人の様に歯を黒く塗ってお歯黒にします。悪魔や獣のみが白い歯を持っていると昔から信じられており、悪魔や獣に間違われないように歯を黒くしているのだそう。
世界では日本で考えられないような風習がまだまだたくさんあります。旅行へ訪れる際には「郷に入れば郷に従え」で世界の風習をぜひ体感してみてください。

関連記事

  1. メキシコのハロウィン!?街中がガイコツで溢れる『死者の日』に参加してみた!

  2. バックパッカーがその目で見た!ぜひ体験してほしい世界の祭りオススメ12選!

  3. 世界一が似合う国!ギネス認定2018年の年越しはドバイで決まり!

  4. ミャンマーは治安が悪い!?ヤンゴン旅行を楽しむ為に気をつけるべき事

  5. 神秘の国インドの『ホーリー祭り』!ヒンドゥー教文化のお祭りは世界一クレイジー!?

  6. 2018年NYタイムズスクェアでカウントダウンからの夜明けまでの楽しみ方!

  7. 一人旅は危険!? シンガポール旅行に行く前に知っておきたい現地の治安について!

  8. ミャンマーで働く日本人はどんな仕事をしているの?

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP