魔法と神秘の国ラップランド!シーズンごとに異なる独特の横顔に迫る!

オーロラ

季節によって楽しみ方が異なるフィンランドのラップランド。目的別でおすすめのシーズンが違うので、どう楽しみたいか? で、決まるフィンランド、ラップランドの旅をご紹介します。

生きてるうちに是非見たいオーロラ! オーロラが見えるベストシーズンは9月から10月か、2月から3月くらい。断然秋の方が美しいオーロラが見る事ができるのですが、春頃も晴れの日が多く、見られる可能性がとても高いのです。

ポーラナイト(極夜)を体験したいなら、11月中旬から1月中旬がベスト。またサンタクロースに会いたい人もこのシーズンが良いですね。ミッドナイトサンを楽しみたい人は6月初めから7月初めがおすすめです。

ラップランド(Lapland)はどこにあるの?

北ヨーロッパのノルウェーとスウェーデン、ロシアにまたがる位置にフィンランドはあり、スカンジナビア半島からコラ半島にかけて、北極圏の限界線から北がラップランドになります。
日本からラップランドへの行き方はヘルシンキ経由が便利。フィンエアーとノルウェイジャン航空が毎日運行しておりとても便利です。国内の移動は、飛行機のほか列車、長距離バスや車などで移動できます。フィンランドの鉄道は国有のVRが運営しており、列車の中は綺麗で快適に過ごせます。ヘルシンキからラップランドのコラリまで広がっており、窓からの景色もとてみ綺麗でうっとりしてしまいます。子供のためのプレイルームも用意されており、家族連れにも嬉しいサービスですね。
それではシーズン別にそれぞれのラップランドの魅力をご紹介したいと思います。
map

冬 雪景色と一緒にクリスマスを楽しむ

クリスマスの画像

12月から1月太陽の出ない日が続きますが、昼間数時間だけうっすら太陽が沈んだような、なんとも言えない神秘的な景色が広がり心を落ち着かせてくれます。この極夜を楽しむには12月と1月が最適です。

2月からはだんだん雪も溶けていき、美しい雪景色を堪能できます。段々暖かくなっていき、2月から3月からはオーロラが楽しめます。日本からのツアーで組まれているのもこの時期がほとんどで、ツアーガイドもついて予定も組んでもらえるので安心してオーロラを楽しむ事ができそうですね。

サンタクロースのホームタウンであるロヴァニエミではクリスマスを1年の中でも最も大切にして、いてサンタクロースに1年中会いに行くこともできてしまいます。イルミネーションやクリスマスソングなど楽しめ、トナカイに会うこともできるでしょう。牧場まで行けばソリを引く犬、馬にも出会えます(^ ^)なんともメルヘンチック! 愛する人と過ごすのがラップランドでのクリスマスの楽しみ方。クリスマス好きにはたまりませんね!

春 雪が溶けて自然が戻ってくる季節

春の画像

4月はまだまだ雪があり寒さも残っていますが、だんだんと木々の芽が出てきて暖かさを取り戻してきます。4月はまだオーロラを観測できますが、だんだん日照時間も長くなるにつれて夏が近づいてきます。この時期に見る事ができるオーロラは厳しい寒さでもないため、カメラのバッテリーが凍ってしまって写真に収められなかったということもないので、オーロラの写真が撮りやすいシーズンでもあります( ^∀^) ラップランドは夏が短いのですが、春はもっと短いのです。

5月にもなると木々や葉っぱが伸びて生い茂って、みるみる緑いっぱいになります。暖かくなるこのシーズンを待ちわびて人々はお祝いをしたくなります。そして5月終わりには白夜の季節が始まります。

夏 白夜のシーズン。真夜中に光る太陽を迎えて

夏の画像

6月から7月にかけてミッドナイトサンの季節になります。白夜は夏中続き、7月が最も気温が高くなり、夏を迎えた人々はここで盛大にお祝いをします。ジャズフェスティバルやタンゴフェスティバル、映画祭など行われます。グリルで料理をしたり釣りをしたり、公園や森や湖で大いに遊びます。カフェやレストランではテラス席で太陽と共にゆっくり過ごします。

夜でも昼のように明るいので、夜中の2時なのに昼の2時を思わせる明るさはナイトライフでナイトライフじゃない楽しさを味わえます。夜中にビーチに行ったり、真夜中なのに人が絶えず眠らない時間が続きます。フェスティバル好きならフィンランドは最高の場所です。小さい規模から大きな規模まで様々なイベントが行われています。

太陽は沈まず人々はただただ楽しむのです。またコテージでの生活もこの季節の定番の楽しみ方で、都会から大自然の中へ行き、友人や家族とリラックスした時間を送り心身共に解放され夏を楽しみます。自然の中で過ごすことをこよなく愛するフィンランド人にとってはとても大事なイベントでもあります。

秋 オーロラ観測ベストシーズン到来と初雪

オーロラの画像

8月の終わりには秋の気配をだいぶ感じるようになり、オーロラを観測できる時期になってきます。

9月から10月がオーロラ観測には理想的な時期です。ラップランドの北側は9月から3月まで、空が澄んでる日はオーロラをいつも見る事ができます。ラップランドの南側は年に10から20夜ほど見る事ができます。北側の方に行く方が見る事ができる確率は高いので北に行くべきでしょう。暖かい服装で外でオーロラを待ってみましょう。オーロラは突然現れ、突然消えたりします。鑑賞するために居心地の良いイグルーを用意するのも良いですね。そしてトレッキングや紅葉に始まり秋の魅力はどんどん深まっていきます。フィンランド語でルスカ(ruska)と呼ぶ秋の紅葉は鮮やかな赤や黄色に染まり、息を飲むほどの美しさに魅了されてしまいます。森を歩き数多くのキノコを自分で、好きなだけ採取するのも自然を愛するフィンランド人には秋の楽しみの一つです。これも自然享受権のおかげで取ることが可能なのです。また、フィンランドのほとんどの自然の水は飲んでも大丈夫です。紅葉を見ながらハイキング、キノコを取り、休憩時には小川の水を広大な大地に感謝しながら飲めば、体も元気、心もリフレッシュになるでしょう。夏と冬がメインのラップランドですが、中間にあるこの季節もとても重要で、これから来る冬に向けて静かに寒さの準備を始めるのです。

10月終わりには初雪を迎え、暖炉を囲んでブランケットを羽織り、温かい飲み物を片手に読書を楽しみ、温かい食事をいただく。これが秋の優雅で贅沢な楽しみ方の一つです。

季節により独特な色を持つラップランド(lapland)

 

オーロラ観測や紅葉、様々なアクティビティ。眠らない夜もあれば眠り続ける夜もあり、多種多様にそれぞれの季節ごとに楽しめるラップランド。ここでしか会えない、みんなから愛されているサンタクロースのホームタウンでもあり、自然を感じる事ができて、貴重な体験もできそうですね。是非フィンランド、ラップランドを訪れてみて下さい。

関連記事

  1. 驚きの連続!?日本では考えられない世界の風習

  2. アメリカのちょっと変わったお祭り

  3. 初めてのシンガポール一人旅! 現地で話題のMeetupに参加してみたら凄かった…

  4. オーストラリアでホームステイ、12の気をつけたほうがいいこと。各都市別ごとホームステイ事情

    オーストラリアでホームステイ、12の気をつけたほうがいいこと。各都市別ごとホームステイ事情

  5. 海外旅行に持っていけば必ず役に立つ100均で手に入る便利グッズまとめ

  6. ミャンマーにもう一度行きたい理由とは!?

  7. メキシコのハロウィン!?街中がガイコツで溢れる『死者の日』に参加してみた!

  8. 一人旅は危険!? シンガポール旅行に行く前に知っておきたい現地の治安について!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP