ニューヨーク セントラルパークを大解説!楽しむ歩き方

ニューヨーク観光でみんなが訪れるセントラルパーク。

皇居が3つ分入る広さを誇るこの公園には沢山の観光スポットがあります。見たい場所とその位置をある程度把握していないと1日では回りきれないくらいの見どころが満載!
今回はそんなセントラルパークを大解説することにしてみました。
※モデルコースをご紹介します

ザ・ポンド (The Pond)

ザ・ポンド (The Pond)

5番街59丁目側の入り口からセントラルパークに入ると初めに池が見えてきます。ここは写真を撮るスポットとしてとても人気です。ここから左前方向に進んでいくとシープ・ミドウ、ここからなるべく真っ直ぐ進んでいくとザ・モールに向かっていきます。

シープ・ミドウ
(Sheep Meadow)

シープ・ミドウ (Sheep Meadow)

 

7番街65丁目あたりまで広がる広大な広さをもつ広場。
天気が良いとここに沢山の人が集まってきます。本を読んでいる人、チアの練習をしている人たち、くつろぎにきたカップルなど人間観察をしながらピクニックすると楽しいですよ。
とてもニューヨークのど真ん中にいるとは感じさせない場所ですね。

ザ・モール (The Mall)

ザ・モール (The Mall)

案内所を抜け6番街66丁目あたりから、セントラルパークで唯一のまっすぐの道ザ・モールが出てきます。開放感あふれる並木道に歴史ある著名作家の銅像が置かれています。なんだか、ドラマの撮影で使われそうな景色な場所ですよね。
ザ・モールを抜けるとコンサートなどがよく行われているエリア、ラムジー・プレイフィールド(Rumsey Playfield)に出ます。そちらは5番街72丁目あたりです。

ベセスダ噴水 (Bethesda Fountain)

ベセスダ噴水 (Bethesda Fountain)

ラムジー・プレイフィールドを抜けるとテラス(Terrace)と呼ばれる美しい建物に到着します。そこをくぐり抜けると公園の中心ともいえる円形の広場が登場します。ここは映画のロケ地としてもよく使用され「魔法にかけられて」、「幸せになるための27のドレス」、「恋人たちの予感」のような映画に出てきていました。ベセスダ噴水と呼ばれる天使の像の噴水が広場の真ん中に置かれてあります。

ベセスダ噴水 (Bethesda Fountain)
その天使の後ろにはザ・レイク(The Lake)と呼ばれる大きな湖が広がっておりここでボートに乗ることができます。一時間$15で、15分延長するごとに$4かかります。デポジットで$20払わないといけませんので降りた後に忘れず返してもらうようにしましょう。ボートに乗った際にはボウ・ブリッジ(Bow Bridge)まで漕いで行くことをオススメします。この橋はセントラルパークで最も美しいと言われている古代ギリシャ様式の白い橋で、鋳鉄製なのが他の橋と違っています。

ストロベリーフィールズ (Strawberry Fields)

ストロベリーフィールズ (Strawberry Fields)
ラムジー・プレイフィールドから左に向かってずっと歩いて行くと8番街72丁目あたりに小さめの広場が見えてきます。ここではビートルズのメンバー、故ジョン・レノンの記念碑を見ることができます。世界中から愛されたジョン・レノンはここに会いに来る人もたくさんいます。記念碑の上に花を添えられたり周りでビートルズの曲を歌っているミュージシャンがいたりすることも。このモザイク超の記念碑はジョン・レノンの妻オノ・ヨーコがデザインしたそうです。ここから公園を出たところすぐに彼が最期を迎えた場所、ダコタ・ハウスがあります。

不思議の国のアリス(Alice in Wonderland)

不思議の国のアリス(Alice in Wonderland)

ベセスダ噴水と湖を超えてまっすぐ進むと5番街75丁目方面に「不思議の国のアリス」の銅像に到着します。59丁目から歩いている人は体力の限界でここに来る前に断念してしまうことが多い場所です。この銅像はジョージ・デラコルテがニューヨークの子供達に寄付したもので、登って遊べるように作られてあります。銅像前にはラジコンヨットのレンタルができるコンサバトリー・ウォーター(Conservatory Water)があります。

ベルヴェデーレ城 (Belvedere Castle)

ベルヴェデーレ城 (Belvedere Castle)

アリスの銅像からさらに北上すると79丁目にゴシック様式とロマネスク様式が混ざり合った珍しいお城が見えてきます。イタリア語で「美しい眺め」という意味を持つこのお城からの眺めを自分の目で確認しましょう。その前にある芝生広場、グレート・ローン(Great Lawn)からお城を眺めるのもオススメです。お城と芝生広場の間にはタートル・ポンド(Turtle Pond)という亀が沢山いる池があります。

アイスリンク

アイスリンク

なんと冬の期間になるとセントラルパークでアイススケートができるんです!場所は2箇所。1箇所目はザ・ポンド近くのウォルマン・リンク(Wollman Rink)。こちらは終日の入場料が大人$12、週末と祝日は大人$19、そしてスケートレンタルが$9ドルです。箇所目は6番街107丁目あたりにあるラスカー・リンク&プール(Lasker Rink & Pool)。夏はプールとして無料で開放されています。入場料が大人$8、スケートレンタルが$7です。ウォルマン・リンクの方が割高ですがこちらの方が人気で眺めも良いです。

その他

その他

上記で紹介した以外にもセントラルパークにはまだまだ見所がたくさんあります。 その中でももし時間があれば行ってみる価値のあるところを少しご紹介します。

セントラルパーク動物園(Central Park Zoo)
5番街63丁目あたりにあります。大人$18で動物園だけでなく4Dシアターや子供の動物園にも入れます。

シェイクスピアガーデン(Shakespeare Garden)
7番街79丁目あたりにある花がとても綺麗な庭園です。隣にはシェイクスピア劇場がありロミオとジュリエットの銅像が置かれています。

古いメリーゴーランド (Carousel)
ウォルマン・リンク付近にあります。1回$3。木馬はやや大きめです。

オベリスク(Obelisk)
クレオパトラの針と呼ばれる古代エジプトの記念碑があります。パワースポットとも言われています。
少しでも効率の良く回ってもらうためにもセントラルパークの主な観光スポットの位置と合わせてご紹介しました。是非こちらを参考に行きたいところをおさえてくださいね。

関連記事

  1. 1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

    1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

  2. バングラディシュのオススメ観光スポット10選

    バングラディシュのオススメ観光スポット10選

  3. セブ島でアクテビティを満喫するならコレ!おすすめレジャー観光スポット!

  4. 海外バックパッカーがオススメする超盛り上がるミャンマーのお祭りとは!?

  5. バリのおすすめリラクセーション・スポット!

    バリのおすすめリラクセーション・スポット!

  6. セブ島、おすすめのオプショナルツアー 特集!

  7. オーロラに出会える場所 アラスカ フェアバンクスの魅力!

  8. 初めてのミャンマー観光は8万円で十分!?渡航前に知っておきたい物価事情!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP