一度は行きたい!芸術・ワインの故郷『フランス』の奥深い魅力を大公開!

フランスといえばパリ、パリと言えば芸術の都。そしてパリと言えばエッフェル塔や凱旋門。行ったことはなくても、絵葉書や写真で一度は目にしたことがあるはず。そんな有名観光地にも、知る人ぞ知る誕生秘話がありました。

建設当時のエピソードや歴史的背景が、絡み合ってこそ生まれた素晴らしい建造物たち。今回はそんな遠い昔を思いながら、パリの観光スポットを巡ってみました。

パリのシンボル「エッフェル塔」の歴史


エッフェル塔は、1889年のパリ万国博覧会の会場に建てられた、高さ300mの鉄骨塔です。設計者であるエッフェルの名にちなんで、この名前になりました。

当時は斬新な建設方だったため、建設に際して保険会社も尻込みしたそう。完成後もこの塔を巡って様々な論争が繰り広げられましたが、現在はパリを象徴するモニュメントのひとつとして、多くの人々に知られています。

誕生経緯

1889年にフランス革命100周年を記念して、パリで第4回万国博覧会が行われることになりました。ですが当初、目玉となるプランはなく、シンボルとなる大建造物はコンペティションで決定することになったのです。

その際、満場一致で選ばれたのがエッフェル塔でした。この背景には、実は当時の高層建築ブームがありました。

19世紀後半から技術の進歩や開発、富の増大によって各国に相次いで高層建築物が建てられていましたが、エッフェル塔に類する高さのものはありませんでした。

革新的な建築方

建築技師であるギュスターヴ・エッフェル率いるエッフェル社により建設されたエッフェル塔は、鉄橋の架構技術を駆使して、あの高さを実現しました。

あまりにも斬新な建築方だったため、保険会社も尻込みしたほどです。そんな心配をよそに、万博に間にあわせるために2年2ヶ月という驚異のスピードで工事を完了していますが、1人の死者も出していません。

塔を巡っての論争

そのあまりに奇抜でズバ抜けて高い外見のため、建設時には国民の意見は賛否両論に分かれました。1887年には、反対派の芸術家たちが連名で陳述書を提出しているほど。

反対派の文学者モーパッサンは、エッフェル塔を見たくないばかりに、「エッフェル塔を見なくて済む唯一の場所」であるエッフェル塔一階のレストランに通っていたそうです。

このことから「エッフェル塔の嫌いな奴はエッフェル塔に行け」ということわざも生まれました。

登ることもできます!

パリのみならず、フランスのシンボルとも言えるエッフェル塔。本当に高いので、周囲のどこからでも見ることが出来るのですが、なんと登ることも出来るんです。

エレベーターと階段、どちらでも上れますが、どちらもチケットの購入が必要になります。エッフェル塔からはパリの街が一望できて、素晴らしいです。展望台からは下が覗けるようにガラス張りになっているのですが、やっぱり高い!と実感出来ます。

住所:Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris, フランス
◆アクセス
RER C号線シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅下車
地下鉄 パリ・メトロ 6号線 ビル・ハイム駅、8号線 エコール・ミリテール駅下車

パリと言ったら「エトワール凱旋門」


パリの象徴的な建造物なので「凱旋門」として知られていますが、その名はエトワール凱旋門。正式名称は「エトワール広場の凱旋門」と言います。ナポレオン率いるフランス軍がヨーロッパ連合軍に勝利した際の記念として作られました。

古代ギリシャ、古代ローマを模範とする新古典主義建築の代表作です。その名を冠した競走馬の重賞レース「凱旋門賞」も有名です。

ナポレオンによって

アウステルリッツの戦いに勝利した記念に、ナポレオン・ボナパルトは帝国軍に捧げる記念碑を作ることにしました。勝利の翌年1806年のことです。記念碑は、彼の軍事的な天賦の才と古代を表す凱旋門の形をとることになりました。

ルイ・フィリップの王政復古時代、1836年に完成しましたが、ナポレオンは凱旋門が完成する前に既に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時でした。

名前の由来

この凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始めとした12本の通りが放射状に延びておりその形が地図上で光り輝く「星=étoile」のように見えるので、凱旋門があるこの広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l’Etoile」と呼ばれていました。

そのため、「エトワール広場の凱旋門」の意味の「Arc de triomphe de l’Etoile」との正式名称があります。ですが現在この広場は「シャルル・ド・ゴール広場 」と名前が変わっています。

目の前に広がるパリの景色

高さ50メートルの凱旋門。外から見てもその存在感に圧倒されますが、こちらもエッフェル塔同様、登ることが出来るのです234段の階段を上りきると、パリ市内全体が目の前に広がります。

建築物としても美しい佇まいを見せる凱旋門ですが、そこに登っても美しいパリの街並みを臨むことが出来ます。

住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris, フランス
時間:10:00~23:00
◆アクセス
パリ・メトロ1、2、6号線シャルル・ド・ゴール・エトワール駅かRER A号線シャルル・ド・ゴール・エトワール駅下車

お城のような出で立ち「オテル・ド・ヴィル (Hôtel de Ville )」


パリ4区に位置する場所にあるパリ市庁舎 。とても市庁舎には見えない「 オテル・ド・ヴィル (Hôtel de Ville )」と呼ばれている豪華なルネサンス様式の建物です。

世界遺産として登録され、お城のような建物の中には何体もの像が飾られているのです。

優美な外観と裏腹な歴史

灰色の屋根が青空とセーヌ川に映える、優美な佇まいのパリ市庁舎ですが、実は歴史の荒波を潜り抜けて来た過去を持っているのです。

グレーヴ広場

その昔、市政はパリの1区にありました。それが現在の場所に移転したのが1357年の7月。実質的にはパリ市長の地位にあった商人頭の男が、「柱の家」と呼ばれる建物を自治体名で購入したことから始まります。

この建物は緩やかに傾斜した砂利浜に面していて、 これがのちに正方形の広場となり、グレーヴ広場 (place de Grève,「砂利広場」の意) と呼ばるようになりました。この広場にはパリ市民が、特に公開処刑を見学するためによく集まったといいます。

フランス革命

このグレーヴ広場では数々の公開処刑が行われましたが、フランス革命勃発後、ますますその姿を歴史の表舞台に表わすようになります。

1789年7月14日、バスティーユ牢獄を襲撃した民衆は市庁舎を占拠し、最後の商人頭を市庁舎前で殺害しました。そして10月5日、国王と議会に食糧を要求するためベルサイユ宮殿に乱入する前の民衆が、武器を持ってグレーヴ広場に集まりました。

136体の像の正体

こんな歴史を持つオテル・ド・ヴィルですが、ここには中世風の像や騎士風の像など、様々な像が建物中に置かれています。これは実はフランスの歴史的人物を現したもので、合計なんと136体もあるのです。

フランスという国を築きあげてきた偉人たちへの敬意と、歴史的背景に思いを馳せながら巡ると、このお城のような建物の見方もまた違ってきますね。

住所:Place de l’Hôtel de Ville, 75004 Paris, フランス
時間:8:00~19:30
定休日:土日祝
TEL:+33 1 42 76 40 40​ ​

セーヌ川に掛かる豪華な橋「アレクサンドル3世橋」


アレクサンドル3世橋はアンヴァリエット広場とグラン・パレ、プティ・パレの間を結ぶ鉄鋼の橋です。セーヌ川に架かる37の橋の中で、一番豪華な橋とも言われています。

友好の証

フランス共和国の大統領サディ・カルノーとロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、1900年のパリ万国博覧会にあわせて建設され、パリ市に寄贈されたのがアレクサンドル3世橋です。

礎石は1896年、アレクサンドル3世の息子であるニコライ2世によって設置され、パリ万博の1900年に落成しました。

セーヌ川を一跨ぎ

この橋はパリの河川交通を妨げないようにと、中央に橋脚を立てることなく造られました。幅40m、長さ107mの鋼鉄の橋が、なんの支えもなくセーヌ川にかかっているのには圧倒されます。

華美な装飾

アレクサンドル3世橋は入り口に立つ金色のペガサスをはじめ、アールヌーヴォーの街灯、天使やニンフの像などの華麗な装飾が施されています。4隅の17mの高さの柱の上にはそれぞれ、「芸術、農業、闘争、戦争」を意味する女神像が立っています。

遠くからでもその豪華な装飾を楽しむことが出来るこの橋。セーヌ川には数々の橋がかかっていますが、その中でも一際目を引く橋でもあります。

どこから見ても

橋を渡って装飾を観賞しながら歩くのも楽しいのですが、遠くから見てもセーヌ川を渡る船から眺めても、美しいのがアレクサンドル3世橋です。その装飾だけでなく、橋のつくり自体も見ものの一つです。

施設名:アレクサンドル三世橋(Pont Alexandre III)
住所:Pont Alexandre III, 75008 Paris, フランス

オペラガルニエ


「オペラ座の怪人」で有名なパリのオペラ座です。ガルニエという名前は、設計者であるシャルル・ガルニエに由来しています。バレエやオペラは主に夜に行われるので、演目が無い時間帯には中に入ることが出来ますよ。

貴族と富裕層の社交場

このオペラ座は、当時の皇帝ナポレオンが、貴族や富裕層の社交場として建設を命じたことによって造られました。若き建築家であったシャルル・ガルニエの案が、171の応募の中から採択され「ガルニエ宮」と呼ばれるようになりました。

豪華絢爛な内装

ここで催されるオペラやバレエも素晴らしいのですが、内装そのものも華麗で美しいものばかりです。演舞場であって、美術館でもあるのがオペラ・ガルニエなんですね。

グラン・フォワイエ

グラン・フォワイエ(大ロビー)は、高さ18m、長さ58m、幅13mあります。ですが体感としてはもっとあるように感じると思います。それは、窓や鏡を効果的に使用しているからだとか。まるでベルサイユ宮殿を彷彿とさせる絢爛さです。

劇場内部

2000人の観客を収容できる広い劇場内部は、赤と金をメインに装飾されていて、とても豪華な作りになっています。ナポレオンの命を受けて造られたこの劇場、赤と金は皇帝の色なんだそうです。

シャガールの画

1964年にマルク・シャガールが手掛けた「夢の花束」が劇場の天井画となっているのはあまりにも有名。この素晴らしい画は、オペラの祭典を描写したものだそうです。

オペラ座の怪人

劇場に住む醜い怪人ファントムが、美しいクリスチーヌに恋をする「オペラ座の怪人」。実際には怪人ではなく幽霊が現れるという伝説があったそう。

その伝説から、有名なミステリー作家であるガストン・ルルーがインスピレーションを受けて出来上がったのが「オペラ座の怪人」だそうです。幽霊伝説が流れるのも、なんだか納得のオペラ座の雰囲気でした。

住所:8 Rue Scribe 75009 Paris
最寄り駅:メトロ3,7,8番線 Opéra 駅、RER A線 Auber 駅
見学の開館日:毎日(10:00~16:30)※7月中旬~9月中旬は18時まで
見学の閉館日:1/1(祝)、5/1(祝)

歴史を思って奥深く


今回は芸術の都パリにて、その歴史を噛み締めながら有名ランドマークを辿って来ましたが、いかがでしたでしょうか?

普段陽の光を浴びてキラキラ輝いているエッフェル塔も、お城みたいなパリの市庁舎も、未だ褪せない絢爛な凱旋門も、宮殿のようなオペラ座も、色んな過去を抱えているんだなぁと思いながら歩くのは、なかなか味わい深いものでした。

是非あなたも歴史的背景を胸に、さらに奥深く旅を楽しんでみませんか?

初めてのフランスならコレ!フランスの人気定番観光&アクティビティ

関連記事

  1. 恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

    恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

  2. お小遣い4万円でシンガポールを楽しむ方法!

  3. 海外で登山をするならココ!おすすめスポット9選

    海外で登山をするならココ!おすすめスポット9選!

  4. マサイ族とライオン・キングな世界を体験しよう

    マサイ族とライオン・キングな世界を体験しよう!

  5. 必見!初めてイギリス旅行に行くなら外せないおすすめ観光スポット5選!

  6. ダイビング好き必見! 中級の方へオススメダイビングスポット5選

  7. オススメ!400年もの間栄えた由緒あるミャンマーの古都『インワ』で歴史に触れる旅!

  8. 1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

    1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP