【保存版】アイルランド観光はダブリンで決まり!やみつきになる魅力に迫る!

アイルランドの首都『ダブリン』という街を観光に行ったことがある方はどれだけいるでしょうか。

ワーキングホリデー、英語留学などでもどんどん人気が出てきているダブリン、ロンドンには劣りますが、近年移民もどんどん増えてきている程とても人気がある街なのです。

そんなダブリンの魅力を本記事ではまとめていきたいと思います。この記事を読みながらダブリン観光を楽しんでもらえたらとても嬉しいです。

ダブリン観光人気ナンバーワン!テンプルバー

アイルランドのダブリンに行くなら外せないのがThe Temple Bar(テンプルバー)、これは現地の人に聞くまでもない私がダブリンに行く前に必ず行こうと思っていた場所です。

テンプルバーがどんなところなのかを言うと単純に言えば『アイリッシュパブ』です。この事は後でしっかり説明するとして、日本で言うと原宿のような若者が多い場所なのが、テンプルバーエリアと言ったところです。

近くにはダブリン大学、映画学校などもあるので若者が多く、テンプルバーだけではないアイリッシュパブやレストランも多いのでこのエリアに行くだけでも十分に楽しめるのです。

アイリッシュパブってなに?

ダブリンと言えばテンプルバー、テンプルバーと言えば1840年から続いている『アイリッシュパブ』なのですが、そもそもこのアイリッシュパブとはどんなものなのか、良く天秤にかけられることが多いのがブリティッシュパブです。

ブリティッシュパブはヴィクトリアン調の豪華なパブが多く絨毯敷きにオシャレな照明、骨董品があったり壁に絵が掛かっているなどのイメージ。

アイリッシュパブはアイルランドの田舎街にあるイメージで、変哲もない蛍光灯の下でちびちびお酒を飲んでいて、雑貨なども置いているようなところが古き良きアイリッシュパブといった感じです。

じゃあテンプルバーもブリティッシュパブでは?

テンプルバー含めそのエリア一帯にある観光客向けのバーもブリティッシュパブと言ってもいいそうです。外観、内観ともに豪華な感じがしますし、田舎街といった感じもしない。

しかし、テンプルバーは1840年から続いているという歴史があります。お店がオープンした当初はこれぞアイリッシュパブ、といった感じだったのではないでしょうか。

さらにテンプルバーでは、アイルランド音楽を店内でライブとして楽しむことができるので、アイリッシュパブとブリティッシュパブの融合版?といった感じだと私は思いました。

テンプルバーでアイルランド音楽を堪能できる!

テンプルバーでは毎日2回店内でライブが行われています。アイルランド音楽に触れ合うチャンスでもあるので私も実際に行ってみました。ライブがやっている時間は平日と休日で少し異なります。

・平日13:30~と20:00~
・週末(休日)12:30~と20:00~

アーティストは日によってローテーションで変わっているそうです。テンプルバーを代表とする有名なギタリストも数回ステージで見られるらしいので音楽好きの方は是非ライブ中のテンプルバーを楽しんで欲しいと思います。

住所: 47-48 Temple Bar, Dublin 2, アイルランド
営業時間:10時30分~2時30分(曜日によって少し異なります)
電話番号:+353 1 672 5286
公式サイト:https://www.thetemplebarpub.com/

ダブリンで大人気!シティ・カヤックが楽しめる!

ダブリンの街を南北に分けるように流れていて、後にダブリン湾にも繋がる綺麗な川、『リフィー川』でカヤックを楽しむことができます。

なかなか都心部では難しいこのスポーツを私も堪能してみたのですが、時期が良かったのか雨も降らず、寒くもなく暑くもなくとても涼しい気持ちの良い風を浴びることができました。

シティ・カヤック体験がお手軽に楽しめる!

カヤックをしたことがある人の方が少ないと思いますが、ダブリンではインストラクター付きでカヤックを体験することができます。ダブリンのシンボルでもあるヘイペニー橋を下から見上げることもでき、市内をカヤックに乗って堪能することができます。

一人、カップルや夫婦でも家族でも参加可能です。なかなか体験できないことだと思うのでダブリンに行った際は是非体験してみてください。

シティー・カヤッキング・ダブリン(City Kayaking Dublin)
住所:Custom House Quay, North Dock, Dublin, アイルランド
営業時間:9:00~21:00
体験時間:2時間
料金:大人25ユーロ(インストラクター付きの場合は要予約)
電話番号:+353 85 866 7787
公式サイト:http://citykayaking.com/

初めてのダブリンならコレ!ダブリンの人気定番観光&アクティビティ

ダブリンと言えばビール!ギネスストアハウスが最高!

ダブリンと言えばビール!そんな風に思っているビール好きの方はいるのではないでしょうか。

その通りダブリンはビールでとても有名で街をぶらぶらと歩いていると風向きによってはほのかにビールの香りが漂ってくるほど、さすが本場と言った感じなのです。

その中でも「Guinness(ギネス)」ビールはダブリンのセント・ジェームズ・ゲート醸造所に生まれた黒ビールです。そんなギネスビールの工場『ギネスストアハウス』を見学に行ってきました。

ギネスビールの素晴らしい歴史

1759年、Arthur Guinness(アーサー・ギネス)という人物が古い醸造所を9,000年間借り入れると契約したのがきっかけとされています。

その契約を交わした10年後に初めてのビールが誕生、アーサー・ギネスが逝去した後も数世代と受け継ぎ輸出を続け、1960年頃までその製法(木造の樽を使用)がされていたと言われています。現在ではスチールの樽を使用されているそうですよ。

ギネスストアハウスで出来たてビールが飲める!

2000年にオープンしたギネスストアハウス、存分に魅力がわかる博物館となっていて、製造工程の見学もできる素晴らしい場所です。

ギネスビールは何百万人と愛飲している方がいるアイルランド、ダブリンだけではなく世界的に人気のブランド、そのビールを出来たてほやほやの状態で試飲することができるスペースがあるのです。

しかも入場料にその試飲の料金も含まれているという良心的サービスで、お酒が飲めない年齢の子供などにはソフトドリンクも用意されていました。

ギネスショップではグッズも購入でき、いくつかの飲食店も入っているので長い時間楽しめる場所なのでとってもオススメできる観光場所だと思いますよ。

ギネスストアハウス
住所:St James’s Gate, Ushers, Dublin 8, アイルランド
営業時間:9:30~17:00
電話番号:+353 1 408 4800
料金:大人:16.50ユーロ、子供:6.50ユーロ、シニア:13.00ユーロ
公式サイト:https://www.guinness-storehouse.com/en

圧巻の貫禄、クライストチャーチ大聖堂

ダブリンにはクライストチャーチ大聖堂と、セントパトリック大聖堂の二つが観光地としても有名で、歴史が古いほうが今回紹介するクライストチャーチ大聖堂です。

その歴史は1,000年以上もあり、中世時代に建てられたと言われています。19世紀頃に改修工事があったそうですが、何よりも外観、建物の大きさに圧倒されます。外から見ただけでもその重厚な造りに感動もできるのですが、もちろん教会の中も素晴らしいんです。

教会も地下の礼拝堂も綺麗!展示も斬新で◎

ステンドグラスが素敵


さすが歴史あるクライストチャーチ大聖堂、教会の中のデザインも造りもとっても素敵です。上の画像にあるのはステンドグラス、あまりにも綺麗で見惚れて立ち止まってしまいました。

床のタイルが美しい


外から見るよりも中は小じんまりとした感じなのですが、静かでコツコツ歩く音が響き渡ります。そんな足元を見てみるとこんなにも素敵なデザインのタイル、細部までにもこだわりを感じる教会内を堪能できました。

地下の展示室でミイラが…


なかなか斬新な展示……まさかここに来て猫とネズミのミイラを見れるとは思っていませんでした。このミイラはパイプオルガンの中で発見されたそうです。

クライストチャーチ大聖堂でしか見れないなかなかレアな展示だと思うので中に入った方は是非地下も行ってみてください。

ダブリンに来たからにはクライストチャーチ大聖堂へ

せっかくダブリンに来たからには行って欲しい観光場所だと私は思います。教会の中、地下ともに入る前に日本語の説明書ももらえるので日本人でも安心して中を見学できると思います。

歴史に詳しくない人でも、目で見て楽しむ事もできると思うので是非足を運んで欲しいと思います。

クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral)
住所:Christchurch Pl, Wood Quay, Dublin 8, アイルランド
営業時間:9:00~18:00(3月~5月)、9:00~19:00(6月~9月)、9:00~17:00(11月~2月)※日曜は12:30~
電話番号: +353 1 677 8099
料金:一般6ユーロ、学生4.50ユーロ
公式サイト:http://christchurchcathedral.ie/

圧倒的広さ!フェニックスパーク!

ダブリンの中心地からは少し離れるのですが、このフェニックスパークはとても広い都市公園として有名です。その広さはなんと700ヘクタール以上……!

日本で有名な東京ドームが約5ヘクタールなので、東京ドーム140個分以上となります。想像がつかない広さだとは思いますが、綺麗な草原が広がるのんびり優雅な時間を過ごすことができる公園なのです。

休日にはランニングをしている人、カップルでのんびりくつろいでる人や家族連れもいたりと賑わっているのですが、あまりの広さに混んでるといった印象は一切ありません。

敷地内にはアメリカ大使公邸があります

アイルランドと深い関係にある国と言えば「アメリカ」、飢餓の時代にアイルランド人が多くアメリカに渡ったと言われています。

アイルランドが独立して間もない頃、すぐに外交使節を送った国がアメリカ、2つの国の良好な関係がわかるように、大使公邸の正門には両国の国旗が風になびいていました。

たくさんの鹿を発見しました


ヨーロッパでも古い歴史を持つ動物園である「Dublin Zoo」がフェニックスパーク内にあるのですが、その動物園外にも鹿が放たれているのです。

日本の鹿のようにエサを求めるような感じは無く、群れで行動しています。公園内にいる人も鹿ものんびりしているので特に害はなく、目で楽しむことができますよ。

フェニックスパークでまったりとした時間も◎

大聖堂に行き博物館を見たり、カヤックでアクティブに過ごしたり、パブでお酒を飲むのも良いですが、少しまったりしたい時はフェニックスパークに行ってみてはいかがでしょうか?

日本でこれだけ大きい公園はないですし、ましてや都心部では考えられません。ダブリンの心地よい風をフェニックスパークで感じてみることをオススメしますよ。

phoenixpark(フェニックスパーク)
住所:アイルランド ダブリン Dublin 8, フェニックス・パーク
営業時間:24時間
電話番号:+353 1 820 5800
公式サイト:http://www.phoenixpark.ie/

なんでも楽しめるダブリン観光はとってもオススメ!

ここまでアイルランドはダブリンの魅力を伝えてきましたがいかがでしたか?魅力はまだまだあると思いますが、私が実際に行ったところの良さや感動を少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

冒頭でもお話しましたが、実際に旅のお供として、この記事を多くの方が見てくれたらとても幸せです。

アイルランドはもちろんダブリンという街だけが良いわけではなくもっと良いところがたくさんあると思います。また自分の足で訪れたときには新しい記事を書けたらと思っています。

初めてのダブリンならコレ!ダブリンの人気定番観光&アクティビティ

関連記事

  1. 二度目のフィンランド ちょっとディープな海外旅行〜お小遣い5万で充実の旅

  2. aruba_1

    極上の癒しを求めて一人旅! アルバ(ABC諸島)でのんびり過ごしてみた!

  3. セブ島で夜遊びするならココ!人気のローカルクラブをご紹介!

  4. すでに有名所は抑えた!ニューヨークおすすめ観光スポット中級編

    すでに有名所は抑えた!ニューヨークおすすめ観光スポット中級編

  5. 情熱の美しき都セビリア!地元民もオススメ観光スポット5選!

  6. ヤンゴンからから古都バゴー観光!格安で行けるバゴー&ゴールデンロック日帰りツアー

  7. ミャンマー第2の都市マンダレーに行ったら絶対に抑えとくべき観光スポット5選

  8. 南イタリアで優雅に過ごしてみませんか?ナポリとアマルフィのオススメスポット

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP