コレで準備万端『海外旅行の持ち物チェックリスト』心配性の方必見!

国内でも海外でも、旅行にはチェックリストが必須ですよね。出張や行き慣れた場所への一泊なら、リストなしでも準備出来る旅のお供も、海外となるとなかなかそうは行きません。

国内ならば調達可能なあれやこれも、現地で手に入るとは限らず、クオリティも求めているものとなんか違うなんてことも多々あります。

また、行ってみて初めて「これが必要だった!」と気付くものもあったり、海を渡る見知らぬ土地への旅はなかなか侮れません。

「無いなら無い」で済む「あったらもっとよかった」レベルのエキストラな持ち物だったらまだしも、それ自体がないと入国すら出来ない重要なものも見落としてしまいがち

そこで今回は、そんな海外への渡航で失敗がないように海外旅行の必須持ち物リストをお伝えしたいと思います!

海外旅行は初めてという方はもちろん、何度も行って手慣れてる方も間隔が空けば忘れてしまうことも多いので必見です!

必要なものリストまとめ

では一般的な海外旅行に必要な持ち物を、出発前の準備が必要なものから、機内で用意しておきたい物、機内であると重宝する物、現地で必要な物、あると嬉しい便利な物、と順を追って紹介していきますね。

出発前に必要なもの 準備物

パスポート


海外旅行といえばこれが無くては話になりません。既に持っていても、有効期限が残っているかの確認を怠らないようにしましょう。

国の規定によっては、「滞在日数+◯ヶ月以上有効のパスポートが必要」など余剰の有効期限が求められる場合があります。国をまたいで、または複数の都市を観光して回る場合は、訪れるすべての国についてその規定を確認しておくことが必要です。

ビザ

渡航先によっては必要な場合があるので、事前に現地の確認を取りましょう。目的地だけでなくトランジッドだけでもビザが必要な場合もあるので、訪れる全ての国について確認しておく必要があります。

ビザの申請にはパスポートが必要なので、パスポートを取ってからビザの申請手続きとなります。

海外旅行保険保険証

クレジットカードの付帯保険もありますが、補償内容が充分でない場合には、改めて海外旅行保険に加入することをお勧めします。その保険証書も忘れないでください。
アメリカンエクスプレスカードでの航空券手配であれば保険がついてくるのでオススメです!!
アメリカンエクスプレスカード会員登録サイト
また、実際に保険を使用することになった場合に必要になる連絡先やサポートデスクなどの情報が載っている小冊子も付与されるので、これも忘れず持参しましょう。

パスポート他、各種証明書のコピー

これらの書類はコピーして、原本と別に管理しておくと何かあったときに便利です。

証明写真

万が一パスポートを紛失した際、再発行のために必要です。念のためですが持参しておくと安心です。

航空券

これがないと飛行機に乗れません。ついつい忘れがちでもあるので、必ず確認しましょう。航空券の予約時のローマ字氏名、性別(MR/MS)は、必ずパスポートに記載されたものと一致するようにしましょう。一字でも違っていると搭乗出来ません。

予約記録の訂正は出来ないため、キャンセルののちに再購入することになってしまいますので、ご注意を!eチケットは2部プリントアウトしておきましょう。

1部はeチケットの控えとして携帯し、パスポートと一緒に保管しておきましょう。あとの1部は、予備と言うことで別に保管しておくと良いでしょう。eチケット控えはチェックイン時だけでなく、出入国の手続きの際提示を要求されることもあります。

現金(現地通貨もしくはドルかユーロ

両替を日本でして行くのと現地でするのでは、どちらがお得かということは通貨によって異なります。現地で両替する場合、手数料がかかる場合もあります。また、現地通貨よりドルやユーロが便利な場合もあるので用意しておくと便利です。

日本円の千円札

現地では、とにかく少額紙幣の方が何かと使い勝手がいいので、こまめに両替をお勧めします。が、現地通貨の手持ちが少ないときには、日本円の千円でお支払いが可能な場合もあるので、多めに用意しておくと役に立つでしょう。

クレジットカード

クレジットカードは2枚以上あると便利です。サインレスの場合も多いので、必ず旅行前にPINコードを確認して下さい。
アメリカンエックスプレス会員登録サイト

現地での運転は国際免許証を取得

日本の免許証が通用する国やエリアはごく一部です。現地で運転する場合は、国際免許証を取得しましょう。すでに取得している場合も、有効期限の確認はお忘れなく。

機内で必要なもの 便利なもの

海外へのフライトは、長時間が当たり前ですよね。数時間から十数時間、少しでも快適に過ごすために「ないと困るもの」「あったら嬉しいもの」をご紹介します。

また、機内には100ml以上の液体は持ち込めませんので、化粧品や飲食物を持ち込む場合には「100ミリリットル以下の容器に入っていること」そしてそれが「透明の袋に入っていること」が条件となりますのでご注意を。

機内での必需品

・パスポート
首からかけられるタイプのパスポートケースがあると便利です。

・航空券
これも必要です。パスポートと一緒にしておくことをお勧めします。

・クレジットカード
これもパスポートと一緒に入れておくと、いざというとき安心です。

・歯ブラシ
長時間のフライトには欠かせない一品です!

・ティッシュ&ウエットティッシュ
これも言わずと知れた必需品です。

・ペン
入国審査の用紙に記入する際に使います。パスポートと一緒にケースに入れておくと便利です。

・スリッパ
靴のままだとリラックス出来ないので、スリッパも必需品です。安価なもので充分ですので入れておきましょう。

・アイマスク
機内で仮眠をとるなら欠かせない一品です。

・耳栓
仮眠だけでなく、気圧の調整にも一役買います。

・マスク
機内はかなり乾燥しているので、マスクも役に立ちます。

・ネックピロー(首枕)
座っての長時間は首が凝ります!冷え対策にもなるので、あると楽です。エアインで、折りたたみ可能のものもあるので嵩張りません。

・コンタクトケース
長丁場ですので、着け外しには絶対必要です。洗浄液を持参する場合は、液体専用透明袋の中へ。

・眼鏡
コンタクト外したら何も見えない!じゃあ困りますもんね。

・スマホ
皆さん、多分忘れないですよね。

・リップ&ハンドクリーム
機内は乾燥が激しいので、殿方も是非。

機内でコレがあると便利

・ちょっと小腹を満たすもの
いわゆるお菓子ですね!飴やチョコレート、ちょっとしたスナックなんかがあると心も満たされます。

・小分けされた化粧品
機内には100ml以上の液体は持ち込めないので、「一泊お泊りセット」のような小分けされた化粧品があると、洗顔したいときなども便利です。

・化粧ポーチ
メイクオフして仮眠をとって、起きたらまたメイクする人のために。

・ガイドブック&会話集
現地に着く前に予習も出来ます。

・羽織るタイプの薄手の服
機内が冷えて来たときのために。

旅行中に必要なもの

さあ、いざ現地へ!心から旅を満喫するために万全の準備で臨みましょう。

絶対必要、基本アイテムとその理由

・歯ブラシ・歯磨き粉
・化粧品
・メイク道具
・シャンプー・ボディーソープ
・タオル
・髭剃り・カミソリ

基本的なこれら旅のお供は、ホテルのアメニティとして置いてある場合もあるのですが、なかったり肌に合わなかったりした場合のためにも持参すると安心です。また、タオルは壊れ物の荷造りの際にも役立ちます。

・医薬品・サプリメント
常備薬がある方や、発作止めなどは必ず持参しましょう。その他、胃薬、痛み止、整腸剤、絆創膏などがあると安心です。

枕が変わると眠れなくなる方は、睡眠導入剤の類も忘れずに。何が起こるか分からないのが海外です。薬は多めに持って行きましょう。

・着替え
・下着
・靴下
・上着
・ルームウエア
・靴
・帽子
・雨具

着替え、靴下、下着などは日数分。上着は現地の気候に合わせて寒暖調整に。ルームウエアは1着あると便利です。いざという時の予備の服としても活用出来ます。

靴は基本、履き慣れたもの一足で大丈夫ですが、シーンに合わせて履き替えたい場合はその靴も。帽子は折りたためるものが一つあると便利です。

・携帯電話・充電器
・腕時計
・カメラ・バッテリーチャージャー
・Wi-Fiルーター

スマートフォンがあれば時計代わりにも、カメラにもなりますが、海外ではすられることもあるので、腕時計をお勧めします。Wi-Fiを使用する場合はルーターを。各充電器も忘れずに。

・スーツケース
・スーツケースベルト
・観光用バック
・セキュリティポーチ
・財布
・エコバックなど予備の袋

スーツケースベルトは、スーツケースの鍵が壊れてしまったときに役立ちます。財布はブランド品などは避け、旅行用に安価なものを用意した方が安全です。

案外忘れやすいのが観光用のバックです。スーツケースで観光するわけにはいかないので必ず用意しましょう。ジッパーなどでちゃんと口が閉まるものを。また、海外では買い物袋がないことが多いので、エコバックもあると便利です。

旅行中あると便利なもの

・フォーマルウエア&シューズ
ミュージカル、オペラなどの観劇や、ドレスコードのあるレストランに入る際に持って行くと困らないですね。

・オペラグラス・双眼鏡
これも観劇の際に、また眺望の良い場所に観光する際あると便利です。

・ビーチサンダル
あると以外に重宝するのがビーチサンダル。靴が濡れてしまってときに、また宿でのスリッパ代わりとしても役立ちます。

・水中カメラ
アクティビティによっては、小型軽量で防水機能もある動画も撮れるカメラなどがあると面白いでしょう。

・ビニール袋/ジップロック/輪ゴム/S字フック
旅の様々なシーンで活躍してくれます。

女性の味方!安心安全の為にもきちんとした準備を!

同じ場所へ旅行に行く場合でも、やはり女性と男性では持ち物が違いますよね。ここでは女性である筆者が「海外旅行の持ち物 ~女子編~」をピックアップしてみました。

女性が準備しておいたほうが良いものとは?

大判薄めのスカーフ

ストールにもなるし風呂敷にもなります。折りたためるし持ち運びに便利です。突然の冷え込みや、肌の露出を隠したいときに。

お洒落な靴、または予備のスニーカー

履き慣れたスニーカーで旅する場合は、ディナーに出かける際のちょっとお洒落な靴を。小洒落た靴で旅をするなら、足が1番楽なスニーカーなどを持って行くと旅の幅が広がります。

ジャージ素材のワンピース

機内やホテルで、ルームウエア代わりになります。

生理用品

現地調達も可能ですが、肌に合わないこともあるので、持って行くと安心です。

小型脱毛器/レディースシェーバー

2、3日の旅行なら必要ないですが、長期旅行となると何か一つは持って行きたいところです。

防犯ブザー

治安の良い日本ではあまり出番はありませんが、携帯しておくと心強いです。

シートマスク

旅の疲れや乾燥から、お肌をリセットしてくれます。

日焼け止めクリーム

女子の美容の基本、旅のマストアイテムです!

万全の準備で旅を快適に

今回は「海外旅行での必需品」を、マストなものからエキストラなものまでご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

もちろん、旅の用途や行き先によってはこれ以上の持ち物が必要だと思いますが、一般的な旅行でしたらこれを押さえておけばまず困らないものをご紹介してみました。

アクシデントが付きものなのが海外旅行。それを楽しむのもまた一興ですが、出来れば準備も体調も万全で臨みたいですよね。備えあれば憂なし。日本での準備を怠らずにいれば、海の向こうの見知らぬ土地でも怖いことはありません!

関連記事

  1. フィリピン セブ島の交通事情

  2. セブ島に移住する方法教えちゃいます!

  3. オーストラリアに移住するために必要なビザの4つの取り方

  4. 【衝撃】ニューヨークの物価が実は日本より安いというのは本当か!?

  5. フランス パリの交通事情 利用するならコレ!

  6. 女子の学生に人気!海外の語学留学先

    女子の学生に人気!海外の語学留学先

  7. 海外旅行に持っていきたい便利なバッグ!用途別おしゃれなかばん7選!

  8. ニューヨークを巡る為に押さえておきたい3つの交通手段!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP