ミャンマー現地でしか買えない!?もらってビックリしたお土産5選!

海外旅行に行ったらお土産は何をどこで買っていますか?私は何を買ったらいいのかいつも悩んでしまいます……。悩んだ末に時間がなくなり決まらないときは、帰りに空港で箱詰めのお菓子をまとめて買ってしまう、というのがオチです。

そうするとありきたりなチョコレートやクッキーなどの定番なお土産になってしまいます。

空港で購入できるお菓子はパッケージにどこに行ってきましたってわかるように国名などが書いてますが、中身の味はどこの国で買ってもあまり変わらないですよね。どうせだったらそこでしか買えないようなお土産を買いたいといつも思います。

話は変わり、私が先日ミャンマー旅行に行って来たときの話です。ミャンマーは人もやさしく、寺院もたくさんあり面白い国です。

ミャンマーの定番のお土産といえば、コーヒー、アクセサリー、仏像の置物、お菓子、伝統的な雑貨が有名ですが、今回は現地の雰囲気を伝えられるようなものとか今までもらったことのないものをお土産にしたいなと思いいろいろお店を探しました。

最近では定番のミャンマーの商品は通販で日本に手軽に取り寄せることができるようになりましたが、今回はそうではない、現地でしかおそらく買えないようなお土産をご紹介したいと思いますのでぜひ次回のお土産の参考にしてみてください。

現地で発見!驚きを隠せなかったお土産5選!

ヤンゴン・バガンなど有名な観光地で買えるお土産を中心にご紹介します。ミャンマーと言えば屋台に仏像や民族衣装、アクセサリーのお店が並んでいた印象でしたが最近はおしゃれなお店もたくさん増えていて驚きました。

その中で手頃な価格でお土産で買って帰って喜ばれそうなものを選んでみました。それでは、現地で見つけた驚きのお土産5選を紹介していきたいと思います。

daccoのサンダル

インヤーレイクの北に位置するParami Road、ホテルパラミのすぐ近くにある雑貨屋さんのdacco。

2階にある小さなお店ですが、伝統的なロンジーの布を使った雑貨屋やタティングレースのアクセサリーなどとってもかわいい商品が揃っています。

お土産に民族衣装をあげてもなかなか日本では着る機会がなく使ってもらえないことが多かったのですが、daccoはデザインがモダンでとってもいいです。

ミャンマーにもこんなおしゃれなお店があるんだと驚きました。daccoの商品は伝統的な技法や柄を生かしてそれを現代的にアレンジされていて使いやすいです。

縫製も細かく作りもしっかりしていてマーケットで見かける量産の商品とは全然違います。さらにここのサンダルはかわいいだけでなく履きやすく、疲れにくいです。

洋服ともコーディネートしやすいのでオススメです。友人や彼女にプレゼントしたらきっと喜ばれると思います。サンダルのほかにもレース編みイヤリングやカラフルなかごバッグなども扱っているのでぜひ一度行ってみてください。

住所:Room 5, No.12 Parami Road, 10 Quarter, Mayangone Township, Yangon
営業時間:10:00-18:30(4月のミャンマー正月以外無休)

Pomeloの雑貨


ヤンゴンのダウンタウンにある雑貨屋さんですがまずお店に入るととても綺麗でカラフルでかわいいです。

ここはミャンマーに住む日本人の間でも有名で、ヤンゴンで一番かわいい雑貨屋さんともいわれるくらい知る人ぞ知る人気店です。

ちょっとお店の雰囲気は都会的でミャンマーぽくないです。ここのお店はハンドメイドのお店で、子供服やクッションカバーや個性的なバックもかわいいかったです。一点物を贈りたい人はここの商品はオススメです。

住所:89 Thein Pyu Road. Yangon, Myanmar
営業時間:AM10:00~PM21:00
公式サイト:Pomelo for Myanmar

守護動物の布絵

バガンの町を歩いていると屋台で正方形の大きな布に絵を描いて売っている人たちがいます。動物が描かれた布絵です。

この絵がおすすめの理由は、インテリアとしても素敵なのですが、お守りのような役割もあって、ミャンマーの人に教えてもらうとそこに描かれているのは「八曜日占い」の守護動物だそうです。

八曜日占いとは、ミャンマーに伝わる占いの一種で、1週間八曜日(水曜日は午前と午後で別の曜日とカウントします)と数えて自分が生まれた日が何曜日かで占います。

それぞれの曜日には守護動物が割り当てられていています。たとえば、日曜日生まれはガルーダ(鳥)、月曜日生まれはトラ、水曜午前中は牙のあるゾウという風に決まっています。

布絵以外にもミャンマーには、この八曜日の動物の描かれたものがたくさんあります。ミャンマーの人たちは、自分の誕生日の曜日を非常に⼤切にしています。

日本人が血液型占いが好きなようにミャンマーの人は自分が何曜日生まれをほとんどの人が知っています。守護動物の描かれたお土産に買って帰って、ミャンマーのそんな習慣も一緒にお土産話に持ち帰ってはいかがでしょうか。

タナカ

日本人がタナカと聞くと「田中」を想像してしまいますが、これはミャンマーの伝統的な化粧品の名前です。タナカの作り方は、柑橘系の木を専用の臼のような機械ですりつぶして粉にして作ります。

その粉をミャンマーの人は顔に化粧として塗って使います。現地のミャンマーの女性や子供たちを見るとたくさんの人たちがこの白い粉や白いコットンのようなシートを頬につけいるのを見かけます。

はじめはびっくりしましたがミャンマーでは伝統的な化粧でおしゃれのひとつで、ミャンマーの男性はタナカの化粧をした女性が好きな人が多いです。

ミャンマーに行ったらぜひタナカの化粧をやってみてください。タナカには日焼け止め、美白効果、ニキビ肌荒れの抑制効果などがあります。

タナカは美容成分が高いので、お土産としても人気があります。お土産用のものは現地の人のように頬に四角く化粧するのではなく、タナカの成分が含まれた石鹸やおしろいにされているので日本でも使用しやすいです。

石鹸になったタナカはスーパーなどで安い値段で手に入れることができます

 旧日本兵のグッズ

これはミャンマーに行って一番びっくりしたお土産です。買って帰って喜ばれるかは別です……。ミャンマーの寺院をめぐると入口にたくさんのお土産屋が並んでいます。

仏像などと一緒にそこで売られているのが旧日本軍のグッズです。旧日本軍の配布していた書のレプリカなど日本語の書かれたものがたくさん売られています。

戦争が終わって何十年も経ちましたが、いまだにその時代の名残が残っています。遠いミャンマーで日本のものが売ってると思わなかったので驚きました。

しかもこちらが日本人だとわかると記念にどうだと、お店の人は強めに買うように薦めてきます。私は買いませんでしたが、ミャンマーで面白いお土産に出会えたと思いました。

日本人からミャンマー人へお土産を持っていく場合のオススメは?

何度もミャンマーに行くうちに現地に友達ができました。そこで逆に日本からミャンマーに行くときにミャンマーの人へお土産を持って行くようになりました。

ミャンマーで買えない物をプレゼントするようにしていて、その中でもミャンマーの人に喜ばれたオススメのお土産がこちらです。

ベビー用品

外国に比べて日本はやはり安心安全の評価は高く、日本のベビーグッズは喜ばれます。日本のベビー用品は赤ちゃんが口にくわえても害はないか試験をしますし、丈夫で壊れにくく好評です。

肌ざわりがよくおしゃれなデザインのベビー服や衛生的な哺乳瓶、ミルク、お尻ふきなどミャンマーに比べ種類も多く、子どもがいる家庭にプレゼントするととても喜ばれます。

またフックでひっかけられるようになったコップや子供でも持ちやすいスプーンなど使い勝手のいい便利グッズも日本にはたくさん売っています。

最近では日本のトイザラスや西松屋に行くと東南アジアからの旅行客が大量に買って帰る姿もよく見かけます。

カー用品

ミャンマーもインフラがどんどん進み道路や橋が整備され移動は車がメインです。その自動車の多くが日本の中古車です。日本車は耐久性がよく、もし壊れても部品の予備がちゃんと販売されているので長く乗ることができると人気です。

そのためヤンゴンの町中でもかなりの確率で日本車を見かけます。日本車が多いので日本で販売しているカー用品がそのまま使えるのです。

ミャンマーには日本ほどカー用品を取り扱っているお店がないのでプレゼントとして持っていくととても珍しがられます。

ミャンマーは暑い国なのでサンシェードなど日焼け防止グッズとスマートフォンスタンド、洗車用品などを持って行きましたが、また買ってきてほしいと頼まれるほど喜んでくれました。

レトルトカレー

ミャンマーの人は日本人に比べて味がはっきりとした濃く油っぽい食べ物が大好きです。日本人の私たちがおいしいと思う食べ物オススメすると、ミャンマーの人はあっさりしすぎて物足りなく感じることが多いです。

そんな中でミャンマー人に人気の食べ物は日本のカレーです。日本のカレーはタイやミャンマーなどで食べられているカレーとは違いますが、最近日本のカレーがミャンマーでブームです。

有名なメーカーはミャンマーのスーパーでも販売されるようになってきました。しかし種類はまだまだ日本に比べると少ないです。

レトルトカレーだと調理も簡単なので、どこの家庭でも調理できます。珍しいレトルトカレーを何種類か持っていくと喜ばれ、カレー味のスナックやラーメンも人気です。

ミャンマーの町にはまだまだ魅力的なお店がたくさんある

ミャンマーで驚いたお土産を5選しましたが、いかがでしたでしょうか。他にもたくさんオススメしたいお土産があります。民族衣装や仏像の置物など定番のお土産も素敵なものがたくさんあるのがミャンマーです。

ミャンマーは寺院や仏像を見る目的で観光で行く人が多いですが、ヤンゴンなど大きな町にはお店がたくさん集まっておりショッピング目的で行っても楽しい国です。

お土産を買うためにヤンゴンのボージョーアウンサンマーケットやスーパーに行く人が多いのですが、最近は小さい町の雑貨店がおしゃれで現代的にデザインがアレンジされているのでオススメです。

日本人経営者のお店もあって日本でもそのまま使えるようなポーチや雑貨がたくさん増えています。市場では買えない一点物のお土産が見つかると思います。ぜひ町を散策してみてください。素敵なお店に出会えると思います。

チョコレートやクッキーなど無難なお土産もいいですが、せっかくなのでみんなが知らないようなミャンマーらしいお土産を買って友達を驚かせてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 喜ばれること間違いなし! ザッハトルテやスワロフスキーだけじゃない!? ウィーンのお土産ならコレ!

  2. 観光客でも買える!バイヤーがリアルに買い付けにいくスポットをコッソリ紹介!

  3. 行ってみたい世界のマーケット10選

    行ってみたい世界のマーケット(市場)11選

  4. フランス パリ 買い物するならココ!

  5. ディオール、グッチ、フェンディ、コーチ、人気のブランド70%オフ!?イタリアのオススメアウトレットモ…

  6. ミャンマーは翡翠の宝庫!世界最大のマーケットで本物を安く買おう!

  7. これを選んでおけば間違いなし!おすすめのフランス定番みやげ10選!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP