セブ島で夜遊びするならココ!人気のローカルクラブをご紹介!

セブの人々は遊ぶのが大好き!
観光客も昼は開放的な海を満喫したら、そのまま夜の街へ繰り出して楽しんでいます。

今回は、セブで夜遊びしたいと考えている人向けに楽しめるスポットをご紹介します!

セブのクラブといえばここ!『J-avenue(J-アベニュー)』

セブのクラブといえばここ!『J-avenue(J-アベニュー)』

マンゴースクエアにあるJ-avenueは、ジュリアナと呼ばれ、地元民に親しまれています。

その名前で呼ばれる理由は、旧名がジュリアナだったからです。
J-avenueはセブの夜遊びの定番スポット!地元の人だけではなく、旅行者もたくさんいます。留学生など海外で友達を作りたい!っていう人には最適な場所です!とにかく騒ぎたい、楽しみたいという方にもオススメします。

入場料が100ペソ(約200円)で1ドリンク付きという日本では信じられない安さで楽しむ事が出来ますよ!

平日無料!?地元民に愛されるAlchology(アルコロジー)

J-avenueから目と鼻の先にあるAlchology。
ここの特徴はなんといっても平日入場料が無料という事。入場料が無料という事もあり、J-avenueに比べ圧倒的に地元の方々が多いです。フィリピンの人と知り合ったり一緒にお酒を飲みたいと思ったらAlchologyの方が良さそうです。

セブの夜はアツい!

日本のクラブで遊ぼうと思うと、ある程度お金を持っていかないといけません。

しかし、セブのクラブはAlchologyのように入場料が無料だったり、J-avenueのように入場料があっても安いです。気軽に中の雰囲気を楽しめるというのはいいですね。

セブの夜は治安大丈夫?

セブの夜は治安大丈夫?

他の国に比べ、比較的治安がいいと言われているセブ。

それでもスリの被害は報告されていますし、一本路地に入るとストリートチルドレンがいたり、薬の売人に声をかけられる事もあります。マンゴースクエア等、夜のお店が集まる場所はそれだけ治安も悪くなります。

特に女性は気をつけなければなりません。お酒もほどほどに、出来るだけ単独行動は避け、大通りを使うかタクシーで移動するようにしましょう。気をつけていれば問題ない程度ですが、日本とは違うというのはいつも頭に入れておいてください。

まとめ

今回は代表的な2つのクラブをご紹介しました。まずこの2つを押さえてから他のクラブにも挑戦してみてください!
セブの新しい魅力に気付けますよ!

関連記事

  1. 必見!スコットランド旅行に行くなら外せない観光スポットの魅力に迫る!

  2. 【保存版】アイルランド観光はダブリンで決まり!やみつきになる魅力に迫る!

  3. 1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

    1月〜3月に行くのにオススメ特集! 世界のビーチ10選

  4. ヤンゴンからから古都バゴー観光!格安で行けるバゴー&ゴールデンロック日帰りツアー

  5. ニューヨーク セントラルパークを大解説!楽しむ歩き方

  6. セブでリラックスしたいならここ!オススメリラクゼーション3選

  7. セブ島でアクテビティを満喫するならコレ!おすすめレジャー観光スポット!

  8. お小遣い4万円でシンガポールを楽しむ方法!

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP