南イタリアで優雅に過ごしてみませんか?ナポリとアマルフィのオススメスポット

イタリア南部の最大の都市「ナポリ」は、人口は約96万人のナポリ湾に面した美しい港町です。

気候は温暖であり、旧市街地が世界遺産に登録されており、歴史的にも価値のある城や教会、美術館、建物など見所も沢山あり、昔から数多くの芸術家や船乗り、旅人たちを魅了してきた街です。
また南に少し下った丁度ベスビオ火山を間に挟んだ反対側にある港町、アマルフィも古い歴史を持った観光地として見るべき所が多い人気の美しい港町です。
 
今回は、ナポリとアマルフィのおすすめの見所についてご紹介します。
 
 

1ナポリのオススメ スポット特集!

 
昔から「ナポリを見ずして死すべからず」という名言があるほど美しい港街です。旧市街地は世界遺産にも登録されており、歴史的な街並み、建造物、芸術品など見所も多い美しい街です。
尚、スパゲッティの「ナポリタン」は日本製料理ですので、レストランで「ナポリタン!」と注文してもキョトンとされるだけですので、念の為!
それでは魅惑の街「ナポリ」のおすすめスポットをご紹介していきます!

スパッカ ナポリ (Spacca Napoli)

スパッカ ナポリ (Spacca Napoli)

スパッカ ナポリ (Spacca Napoli)

 
「スパッカナポリ」とは「真っ二つに割ったナポリ」という意味があり、街全体が中心の通りを挟んで旧市街地と新市街地とにきれいに二つに分かれています。
中心の通りにはジェズ・ヌォーヴォ教会やサンタ・キアーラ教会、歴史のある建物などが並んでおり世界遺産にも登録されています。
この真ん中を通る石畳の道には色とりどりの店などもあり、旧市街地と新市街地に挟まれて歴史を感じながらお散歩する事もできますよ。

卵城 (Castel dell’Ovo)

卵城 (Castel dell'Ovo)

ナポリでも観光のスポット「卵城」です。
「卵城」とは何とも華奢な名前の城で「守りは大丈夫なの?」と思ってしまいますが、実はこの名前の由来には古い言い伝えがあるのです。
この城を築く時に城の土台の基礎部分に卵を埋めて「この卵が割れる時、城もナポリも滅びる」という呪文をかけられたとの言い伝えが残っています。
幸いこの呪文はまだ効いているようですが、近くにベスビオス火山などもあることからこんな呪文が掛けられたのでしょうか?
 
海に突き出た埠頭の上に建っている堅固な要塞のような外観は、中々堂々として見応えのある城ですね。
またこの城の上に登って見る景色も海や街が一望でき、遠くベスビオ山なども望みいつまでも見飽きることがありません!

サンタ・キアーラ教会 (Santa Chiar)

 サンタ・キアーラ教会 (Santa Chiar)
 
ナポリの旧市街地に位置する「サンタ・キアーラ教会」は、18世紀のバロック様式で建設されていましたが、残念ながら第二次世界大戦で破壊され、現在はゴシック様式で再建されています。
教会の建物の正面の上にある大きなバラ窓の形状が印象的で有名です。
 

 またもう1つこの教会での見所はキオストロと呼ばれる回廊付き中庭で、ここは色彩豊かなマヨルカ焼きの陶器で造られた美しい柱や小さな壁が静かな中庭を装飾が美しく驚かされます。

 
 国立考古学博物館 (Museo Archeologico Nazionale di Napoli)

このナポリの国立考古学博物館は、考古学を究明する上で参考となる貴重な品が多く集まっている世界最高峰の博物館と言われています。
 

この博物館の最大の見所は、教科書などでもお馴染みの「アレキサンダー大王のモザイク壁画」です。
その他にも大理石の彫像、絵画、壺などの歴史ある生活用品など数多く集められてい古代ローマの歴史を改めて学ぶことができる場所です。

ヌオーヴォ城 (Castel Nuovo)

ヌオーヴォ城 (Castel Nuovo)

このヌオーヴォ城は13世紀に当初アンジュー家の城として建造され、その後15世紀になってアラゴン家によって引き継がれ再建されました。
その後も代々の城の支配者によって改築され、様々な様式が取り入れられた重厚な再建の跡は中々見応えがあります。
 

この城の正面に見える2つの塔の間には凱旋門があり見事な大理石のレリーフで装飾されており、イタリアルネッサンス建築の傑作と言われてます。
城内部は博物館になっていて、また中庭にはゴシック様式のパラティーノ礼拝堂があります。

国立カポディモンテ美術館(Museo Nazionale di Capodimonte)

この「国立カポディモンテ美術館」は、中世のイタリアの名門ファルネーゼ家によって建てられた美術館です。
館内にはイタリアの著名な絵画家ラファエロ、ティツィアーノ、ボッティチェッリなどの見事な作品が並び、イタリアの歴史ある貴重な陶磁器なども展示がされているナポリでは是非訪れたい美術館です。

 サン・ジェンナーロ礼拝堂 (Duomo San Gennaro)

サン・ジェンナーロ礼拝堂 (Duomo San Gennaro)

サン・ジェンナーロ礼拝堂 (Duomo San Gennaro)

サン・ジェンナーロ礼拝堂 (Duomo San Gennaro)

サン・ジェンナーロ礼拝堂はナポリの守護聖人サン・ジェンナーロが祭られている礼拝堂です。
この礼拝堂はサン・ジェンナーロの凝固した血液を保管しており、5月の第1日曜日、9月19日、12月16日に執り行われる「血の融解の儀式」により固まっていた血が溶けることで、その年のナポリの安泰を祈願し祝うナポリでは有名な儀式です。
 

この礼拝堂の荘厳な祭壇や、聖堂のドームを描かれている色彩豊かな天井絵が非常に見事で、一見の価値のある絵画です。

2 アマルフィのオススメ スポット特集!

アマルフィはイタリア南部の街ナポリと丁度ベスビオス火山を挟んで南側に位置するアマルフィ海岸と呼ばれるリアス式海岸にある、ユネスコ世界遺産に登録をされている美しい小さな港町です。
 ここではアマルフィのおすすめのスポットをご紹介していきます。

 海からの眺め

海からの眺め

 
アマルフィへはナポリ中央駅から列車で1時間おきに出ている「サレルノ行き」乗り、サレルノからはSITA線バス、もしくはアマルフィ行きのフェリーを利用しますが、もし天気が良ければフェリーで行くことをおすすめします。
海側から見るアマルフィの街の全景は素晴らしく、いつまでも心に残る思い出となるでしょう。

ドゥオーモ大聖堂

町の広場の上にあドゥオーモ大聖堂は、987年に建てられた当時は三廊式の二つの聖堂があったとされ、その後13世紀に一つの聖堂へと統合され珍しい五廊式の聖堂となりました。
この大聖堂には守護聖人聖アンドレアが祀られ、地下にはこの聖人の遺骸も納められています。ドゥオモ広場の噴水も聖アンドレアの像となっています。
淡い褐色と濃いグレーの石を巧みに組み合わせたアーチ型の調和された外観は見応えがあります。
 

聖堂の内部は色彩豊かな壁画や天井画、ステンドグラスで飾られ荘厳な祭壇を見ていると自然と身が締まる思いがします。
 

聖堂の内部にはロマネスク風の回廊は通称「天国の回廊」と呼ばれており、オススメの必見スポットです。
白い120本の柱廊に沿った回廊と、柱廊の間から見える庭の緑のコントラストがうまく調和しており、まさに「天国」といえる神秘的な雰囲気に包まれます。

アマルフィの海岸で海水浴や日光浴を楽しむ

アマルフィの海岸で海水浴や日光浴を楽しむ

アマルフィの海岸で海水浴や日光浴を楽しむ

 
アマルフィの海岸では7月から8月の海水浴シーズンになると、日光浴や海水浴を楽しもうとする人達で賑わい、たくさんのビーチパラソルが砂浜に花のように咲きます。
是非、サルノル湾に面した青くキレイな海を楽しんで下さい!

商人通り (Ruga Nova Mercatorum/Via dei Mercanti)

アマルフィの町は海に面して後ろが急峻な山の岩肌となっているため、家々は岩肌の急斜面に張り付くようにして建てられています。
市役所広場にある、15世紀に建てられたの元修道院には、アマルフィの古銭や当時の衣装が展示してあり、見ているとアマルフィの昔の生活に興味が湧いてきます。
 
 

 
アマルフィの当時の面影が残る、かつてのメイン道路Via dei Mercanti(商人の道)は、建物の間を狭い道が続きお土産屋さん屋や地元のお店が並んでおり、お店を見ながら昔の雰囲気に浸って散歩するのも楽しいですよ!

 水車の谷と紙すき博物館 (Valle dei MuliniとMuseo della Carta)

アマルフィの街を登って行くと、伝統ある地域Valle dei Mulini (水車小屋の谷)に辿り着きます。
ここにある小さな滝や清流がアマルフィの豊かな水源となっており、周りを取り巻く太古の森を思わせる辺り一帯では、オゾンも豊富な森林浴が楽しめます。
 
 
 またここは中世から紙の製造が行われてきた地域です。
アマルフィは手漉きの高級紙の伝統を持つ町としても知られ、ここには紙の博物館もあり当時の技法や製造方法を見学することができます。

アマルフィの夜景

2.6 アマルフィの夜景

 
アマルフィの町は昼間の日の光が燦々と降り注ぐ光景も美しいですが、黄昏時の光景や夜景も素晴らしく美しいです。
旅の終わりの思い出として、是非心に焼き付けてください!

 

関連記事

  1. 美しい湖と豊かな自然に心癒される、スイスの首都ベルン

  2. ダイビング好き必見!オススメ、ダイバースポット 上級編

  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

    魅惑のカリブ海!バハマのおすすめ観光スポット6選!

  4. 二度目のフィンランド ちょっとディープな海外旅行〜お小遣い5万で充実の旅

  5. 10月から12月に行くのがオススメ!世界の海の知られざる穴場ビーチ 特集 !

    10月から12月に行くのがオススメ!世界の海の知られざる穴場ビーチ 特集 !

  6. ダイビング好き必見! 中級の方へオススメダイビングスポット5選

  7. 一度は訪れたい都市!古代に起源を持つイタリア『モデナ』の世界遺産に息を飲む!

  8. ダイビング好き必見! 初級の方へオススメダイビングスポット5選

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP