知恵袋

  1. 日本人がアメリカで働くにはどうすればよいの?

    アメリカでの成功「アメリカン・ドリーム」を求めて今まで沢山の人が渡米してきました。「均等に与えられる機会を活かし、勤勉と努力によって勝ち取ることの出来るもの」と独立宣言書には記され ありますが、現実はどうなのでしょうか。日本人がアメリカで働くための手段をいくつか調べてみることにしました。 ビザの種類 アメリカに行くためには何らかのビザが必要となります。関係ありそうなビザの種類を簡単にまとめてみました。 ビザウェイバー・ESTA 観光や短期の出張の際に一般的に利用されている観光ビザです。90日以内の滞在が可能です。事

  2. 【衝撃】ニューヨークの物価が実は日本より安いというのは本当か!?

    旅行の予算を考えるのにその都市の物価を知っておくのは重要ですよね。 ニューヨークは物価が高い!とよく言われていますが、ザ・エコノミストによる2016年の調査によると、ニューヨ クは物価の高い都市としては意外にも第9位! もちろんアート・芸術の発信地でもあるソーホー地区や、各高級ブランドがしのぎを削る五番街など、高級・高価というイメージ通り、アメリカの中では物価が一番高い都市ではあります。 ただ、驚いたのは日本の東京(4位)、大阪(5位)よりも物価は安いんです! これは私もビックリで、一体どの程度なのか調査してみること

  3. オーストラリアで家を借りるには?! 賃貸方法

    オーストラリアに移住を考える人が増えてきていますが最初に住む家をどうしようか? という課題がありますね。 海外での生活ということになりますので、移住先が思っていたとおりの 自身に相応しい場所かどうか確認するために、現地の賃貸物件を借りて実際に住んでみて様子を見るというアプローチがあります。 オーストラリアには日系の不動産業者も沢山ありますので、まずはご自身の予算や目的などをもとに相談し適切な物件を紹介してもらいましょう。 不動産を購入する前にまず賃貸物件を借りてみる! 1.1 滞在期間の予想をたてる 同

  4. オーストラリアに移住するために必要なビザの4つの取り方

    オーストラリアは、一年を通して穏やかな気候に恵まれ温暖で過ごしやすく、治安も比較的良いとされ安定している国です。 広大な国土と豊かな自然はオーストラリアの大きな魅力となってい す。オーストラリア政府も、自国の広大な土地を発展させ、生かすためにも積極的に移民を受け入れてきました。 そんなオーストラリアは観光旅行先として、留学先としても人気となっており永住したいと考える人も多いようです。しかし海外で永住ビザを取るのは難しそう、、と考えている人も多いんではありませんか? 今回は、オーストラリアへの移住するための方法について、

  5. ニューヨークを巡る為に押さえておきたい3つの交通手段!

    経済や観光の中心となるニューヨーク市は、交通機関が大変充実しており日本人観光客にも優しく、比較的便利だと言われています。 今回はニューヨーク市内で利用できる主な3つの交通手段を紹 したいと思います。 地下鉄を使って市内を駆け回ろう! なんといっても一番便利なのが地下鉄(サブウェイ)。駅もたくさんあり、24時間運行しています。最近はWifiも普及してきましたね。 日本も24時間電車が使えたらいいのにな〜と切実に思いますw 特に南北の移動やブルックリンのような違うエリアに行く場合には地下鉄の利用をお勧めします!

  6. 日本と比べてどれだけ安い!?観光前に知っておきたいマレーシアの物価事情

    観光しやすい、旅行に行きやすいということは日本に比べて物価も安く、そういった意味での「行きやすい」という部分も理由の一つにあがってきます。 基本的な部分では日本の1/3の物価 なっていて安く旅行を楽しむことができるのですが、マレーシアはイスラム国なので例えるならばお酒などは日本に比べて手に入れにくい、そして割高になったりします。 しかし、日本で700~800円くらいの定食がマレーシアでは200円前後で食べることができる、そして生鮮食料品などに関しては消費税もありません。 マレーシアは経済成長国なので年々物価も上がってき

  7. 日本人が住みたい国11年連続「世界No.1」!マレーシアに移住する3つの方法

    暮らし慣れた日本にずっと住むのもいいけれど、夏は暑くて冬は寒い!消費税は上がる一方だし、景気もなかなか上向かない。 ゆくゆくは気候が温暖な異国の地に、移住するのもいいかもしれ い。そんな思いが胸を掠める人々の「住みたい国」No.1に11年連続で輝き続けているのがマレーシアだってご存じでしたか? そう、ハワイでもオーストラリアでもなく、タイでもシンガポールでもなく、マレーシアなんです! その理由は外国人を受け入れやすい多民族国家であること、世界有数の親日国家でフレンドリーな国民性であること、一年を通して夏という過ごしやす

  8. フランスは物価が高い!?パリを満喫するにはいくら必要なのか徹底調査!

    パリはフランス国内でも最も物価が高いと言われています。 パリに限らず、旅行に先立ち現地の物価を知っておくことは、プランを考える上でも重要なポイントですよね。 今回は、食事代 宿泊費、交通費、などパリ旅行では実際いくらくらいかかるのかご紹介したいと思います! ※価格は€(ユーロ)で表記していますので、1€=約131円(2017年10月現在)で換算すると、日本での物価と比較できると思います。(価格データの時期が古いケースもあり、価格は目安として参考にしてください。) 1.食事代 パリの物価を押し上げているのが食事代

人気記事

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP