「台湾30選」で日本人200万人台へ-今年のテーマは「海と湾」

日本旅行業協会(JATA)のアウトバウンド促進協議会(JOTC)は1月26日、同会が昨年12月に発表した「世界遺産級 台湾30選」をテーマに、商品企画担当者向けのセミナーを開催した。「台湾30選」はJATAが15年に選定した「ヨーロッパの美しい村30選」などを参考に、台湾の新たなエリアや観光素材の発掘と商品化をめざして選定したもの。JATA海外旅行推進部担当副部長の酒井秀則氏は「レジャーマーケットにおいて、台湾はハワイに並ぶメジャーな観光地となった。30選を活用し、日本人旅行者数200万人の達成に向けて商品化してほしい」と旅行会社に呼びかけた。

引用元:Travel Vision

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP