過去の記事一覧

  1. 海外旅行に持っていけば必ず役に立つ100均で手に入る便利グッズまとめ

    海外旅行に行く時、あなたはカバンに何を詰めていきますか?旅行を快適に過ごすためには出発前の準備は重要です。 私は初めて海外旅行に行った時、海外旅行に何を持って行ったらいいのか からなくてガイドブックの後ろのページに載っている「旅行に必要なものリスト」を見たりしていました。 そこに書いてあるグッズをロフトや東急ハンズのトラベル用品コーナーで買いましたが、1つ1,000~3,000円くらいして、揃えるだけで数万円かかり、旅行の前に大出費になってしまいました……。 旅行も回数を重ねると、本当に持って行った方がいいものがわかっ

  2. ミャンマー現地でしか買えない!?もらってビックリしたお土産5選!

    海外旅行に行ったらお土産は何をどこで買っていますか?私は何を買ったらいいのかいつも悩んでしまいます……。悩んだ末に時間がなくなり決まらないときは、帰りに空港で箱詰めのお菓子をまとめ 買ってしまう、というのがオチです。 そうするとありきたりなチョコレートやクッキーなどの定番なお土産になってしまいます。 空港で購入できるお菓子はパッケージにどこに行ってきましたってわかるように国名などが書いてますが、中身の味はどこの国で買ってもあまり変わらないですよね。どうせだったらそこでしか買えないようなお土産を買いたいといつも思います。

  3. 海外旅行で本気で使えるアプリまとめ!そうそうコレが欲しかった!

    海外旅行では使い方を考えてしまうのが携帯電話。スマートフォンが主流の今も、日本の電波が届かない海外では上手く利用できないアプリも多々あります。 だけど土地勘のない見知らぬ場所 こそ活用したい地図アプリや、言葉の違う国だからこそ翻訳アプリも使いたい。そんなあなたに、オフラインでも使える海外旅行に役立つアプリをご紹介いたします。 マップや翻訳、レート換算はもちろんのこと観光スポットやレストランを教えてくれたり、空港での暇つぶしにもひと役買ってくれる、そんなオフラインでも楽しめる便利アプリあれこれ。 wifiが繋がってなくて

  4. パリを存分に味わうならココに泊るのがオススメ!目的別おすすめホテル5選!

    世界中の人々を惹きつけるフランスの首都パリ。フランス最大の首都であり、政治、経済、文化などの中心の場所ですね。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市 言われ、毎年多くの観光客が訪れる観光都市です。海外旅行初心者の筆者ですが、死ぬまでに一度は行ってみたい憧れの場所パリに、思い切って旅行をしよう、と一代計画。 せっかくパリに行くことにしたのだから後悔しないように、おしゃれな所を見て回りたい!ショッピングを満喫したい!やっぱり外せない、ルーブル美術館・エッフェル塔・凱旋門などの観光スポット!など、今回はそ

  5. 30秒でデキる!忘れがちだけど海外旅行出発前にやっておきたい携帯設定!

    「日常を忘れに行くのが海外旅行」と、空港を飛び立ってしまったら電話は使わない!という方もいらしゃいますが、カメラに時計にアラームに、電話として使用しなくても色々な場面で役立ってくれ のが携帯電話です。 かといって通常設定のまま海外に行ってしまうと、現地の回線に勝手に繋がり、高額な料金が発生してしまいます。 ある設定をするのとしないのでは大違い!というくらい、ちょっと写真を撮ろうと出した携帯がオンになっていただけで「あっ」と驚く高額請求が来てしまうこともあります。 そんな事態を回避する設定方法や、用途によって合わせた携帯

  6. コレで準備万端『海外旅行の持ち物チェックリスト』心配性の方必見!

    国内でも海外でも、旅行にはチェックリストが必須ですよね。出張や行き慣れた場所への一泊なら、リストなしでも準備出来る旅のお供も、海外となるとなかなかそうは行きません。 国内なら 調達可能なあれやこれも、現地で手に入るとは限らず、クオリティも求めているものとなんか違うなんてことも多々あります。 また、行ってみて初めて「これが必要だった!」と気付くものもあったり、海を渡る見知らぬ土地への旅はなかなか侮れません。 「無いなら無い」で済む「あったらもっとよかった」レベルのエキストラな持ち物だったらまだしも、それ自体がないと入国す

  7. ミャンマーの伝統化粧品タナカって何?驚くべき効果と成分について大公開!

    ミャンマーは歴史も深く、美しい建造物が今でも見られ、観光客も多いことで有名な国です。ミャンマーと聞くとそういうイメージがわく人も多いのではないでしょうか。 今回はミャンマーで 名な「タナカ(Thanaka)」に関してをまとめていこうと思うのですが、このタナカは決して日本の名字の「田中」ではありません。前置きとして一応お伝えしておきます。 現地の人からしたら知らない人はいないこの「タナカ」というのは、日焼け止め、にきびの防止、お肌全般に万能に効果のある天然化粧品のことを指します。 それは決してお歳を召した方のみが使用する

  8. 「建築留学したい!」と決意してからドイツを選んだ理由と実際に行ってみた感想

    ドイツで過ごした1年という時間は短い期間ながらもそこから得たものは日本の学業だけでは決して得られないものばかりでした。 留学先をドイツと決めた理由としては、僕の場合は高校の頃 らドイツ語を先行していたということもあり、英語よりもドイツ語の方が自信があったからです。 記事内でも書いていきますが、言葉の壁は大きいようで小さい、小さいようで大きいです。とはいえ、初心者に毛が生えた程度の僕のドイツ語ではまるで準備不足だった訳ですが……。 もうひとつの大きな理由としては実際にドイツ建築留学経験のある先輩に色々とお話を聞けたことで

  9. ドイツ建築留学を決意してから実際に留学するまでにやるべきことはコレだ!

    ドイツ建築留学という選択 この記事を読んでいるあなたは、これからドイツへ建築留学を検討している方や行ってみたいなぁと思っている方ではないでしょうか? 実際に私の経験からいう 、ずばり建築留学をするならドイツをおすすめします。建築留学といえば、ドイツはもちろん有名ですが、イギリスもアメリカも有名です。 では何故ドイツを私がおすすめするのか、1番の大きな理由としては英語圏ではないということです。「え?少しでも馴染みのある英語圏で勉強した方が身につくのでは?」と思われるかも知れません。 確かに言語の壁は大きいですし、言葉を

  10. イスラエルの絶景スポットを堪能するならココに泊まるのがオススメ!厳選ホテル3選!

    地中海に面した中東の国イスラエルは四国ほどの小さな国ですが、歴史の古い国で聖書の舞台になった土地であり、ローマ遺跡や北部には大自然が広がる魅力溢れる国です。 旧市街は世界遺産 も登録されていて中東の中でも観光名所の多い国ではありますが、残念なことに日本からイスラエルへの直行便はありません……。 そのため移動に時間もかかるので旅行で行ったことがある日本人は少ないのです。日本から向かう場合は、アジアやヨーロッパの空港を一度経由していくことになります。 一番早いルートは大韓航空のソウルを経由する方法ですが、日本からイスラエル

人気記事ランキング

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP