アジア

  1. ミャンマーは遺跡だけじゃない、美しいビーチがあなたを待っている!

    ミャンマーと聞いてまず連想するのは、歴史の古い世界遺産にもなっている遺跡群のある寺院やパゴタなどですが、実はそれだけではないのです! ミャンマーは、南はアンダマン海、西側はベ ガル湾に国土の広いエリアが面しています。まだあまり知られてはいませんが青い海や白い砂浜の手つかずの美しいビーチが各所に点在しており、絶景ビーチの穴場となっています。 そして、近年ヨーロッパなどからもこの美しい自然のビーチを目指して訪れる人々が増えており、ホテルなどの宿泊施設も充実している人気のリゾートエリアになっています。 今回は、そんなミャンマーの

  2. 大満足! 五つ星ホテル『シャングリラズ マクタン』で一日中アクティビティー尽くし!

    シャングリラズ マクタン リゾートはマクタンの東部に位置し、全長350mの白砂のプライベートビーチに面して建つセブ随一の大型リゾートです。 国際空港から車で約20分で、日本人スタ フが駐在しているほか、客室のホテル施設案内やプールサイドのアクティビティメニューなども日本語版を常備していますので、日本人にとっては過ごしやすリゾートと言えますね。 また緑豊かで南国の花々が咲く広い庭園内には、大きな2つのプールと子供用のプールもあり、家族皆で楽しむことができます。 13ヘクタールの広大な敷地内にはオーシャンビューも素晴らしい、国際色

  3. 青く澄み渡る海と空があれば他に何もいらない! 魅惑の楽園パラオで休日を過ごしてみた!

    南太平洋に位置する楽園パラオは、青く澄み渡る海と空、白い砂浜が長く続く美しい島です。他には特に大きな観光スポットも少なく、逆にパラオではこの海と空があれば充分です。 私はこの自 を求めて毎年、日々の喧騒を離れ、英気を養うために訪れます。 日がな一日、砂浜で磯の香りに包まれ、波の音を聞きながら、のんびりと時間を過ごすだけで癒されてリフレッシュします。 今回は、そんな私の2泊3日パラオでの過ごし方をお伝えします。  親日の国でもある、パラオ! パラオがはどこにあるかというと、日本から真南に位置し、直行便で約5時間で行ける

  4. ドバイのホテル

    気分はアラジンの王女ジャスミン!?女子旅にオススメするドバイの雰囲気抜群ホテル

    近年旅行先として人気上昇中のドバイ。他の国とは少し違ったゴージャスでエキゾチックなリゾート地かつ日本から弾丸で行きやすいところが人気の理由です。イスラム教のドバイには映画「アラジン を思い出させられるようなアラビアンテイストの建物がいたるところにあります。せっかくなのでホテルも雰囲気のあるところに泊まってみたいと思いませんか。マディナ・ジュメイラホテルの「ミナ・ア・サラム」で王女ジャスミンのようなプリンセスの気分に浸れること間違いなしです。 高級感溢れるホテル マディナ・ジュメイラホテルはドバイで有名なジュメイラグループの高級

  5. バリでの宿泊はここ!絶対おすすめのホテル!

    バリ島には多くのホテルがあり、選ぶのに迷ってしまいますよね。 海外旅行に行って自分に合ったホテルを選ぶのは大変重要なことです。 海外では違った文化や生活習慣に触れて、気付か い内に疲れてしまう事があり、その疲れを癒してくれるのが宿泊設備だからです。 今回はバリ島での旅行での宿泊に、迷わず絶対おすすめのホテルをご紹介します。 森の癒しを与えてくれるコモ シャンバラ エステート(COMO Shambhala Estate) ウブド市内中心部から車で15分のブガワンにある5つ星のホテルです。 自然の森に囲まれており、宿泊す

  6. ミャンマーにもう一度行きたい理由とは!?

    ミャンマーはどんな国でしょうか? 簡単に言いますと、、 * 昔の国名はビルマで、50年以上続いた軍事政権が終わり、4年前に民主化されたばかりの国 * 今急激な経済成長を遂げ いる国で、大都市ヤンゴンは建設ラッシュ! * 多くの歴史ある仏塔が方々に残り、他の仏教国とは一味違う国 という事で、今回はもう一度行ってみたくなる国、ミャンマーの魅力に迫ります。 ヤンゴンの街並み ヤンゴンはミャンマーの旧首都で人口は約250万、今でもミャンマー最大の都市となっています。 ヤンゴンを語る上で、まずは外せないのが、街の北にあるミャ

  7. バリのおすすめリラクセーション・スポット!

    バリのおすすめリラクセーション・スポット!

    バリ島は古くから神々が宿る島として知られ、島のいたる所に手つかずの自然が残り神聖な自然のパワーが感じられるリラクセーション・スポットが至る所にあります。 日本からは7時間位で行け ので、多くの人々が訪れる人気のスポットになっています。 今回は、そんなバリ島でのおすすめリラクセーション・スポットをご紹介していきます! [caption id="attachment_2244" align="aligncenter" width="960"] バリ島、スポット・マップ[/caption] 1. サヌール ビーチ

  8. 恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

    恋人と行きたい、おすすめリゾート地 10選!

    「週末2人共時間あるから、どこか行こうか!」こんな会話が交わされる週末を迎えるある日の恋人同士。 そうです「思い立ったら吉日!」 6.8万円位の予算で、格安チケットをチェッ して旅に出てリフレッシュしてみませか?! 今回はこんなカップルに相応しい低予算で行ける海外リゾート地を10選を集めてみました。 きっと、より一層恋人との仲が深まるスポットが見つかりますよ! グアム 日本から3時間半のフライトで行けるグアム島は、今や気軽に行ける海外リゾートの定番となりつつある人気の島です。 綺麗な青い海と、白いビーチでシ

  9. 見所満載!ミャンマー市内観光ツアー

    ミャンマー観光を満喫するならココへ行け!厳選おすすめスポット8選!

    ミャンマー観光で外せないのが、ミャンマーの旧首都で現在でもミャンマー最大の都市となっている『ヤンゴン』。 ヤンゴンとは『戦いの終わり』を意味し、現状の安定しているミャンマーの国情 表わすのに相応しい名前となっています! 今回は、長く続いた戦争に多大な影響を受けながらも、たくましく発展を遂げ、観光名所となったヤンゴンのここだけは押さえておきたい名所をご紹介します! 1. ヤンゴンの象徴『シュエダゴン・パゴダ』 ヤンゴンの象徴的な存在ともなっているのが『シュエダゴン・パゴダ』。 街のほぼ中心の広い緑地の境内の中に位置し

  10. セブ最高層のホテルで食べよう!クラウンリージェンシーホテル&タワーのおいしいお食事

    フィリピンの代表的な観光地である、セブ島。マンゴーストリートやロビンソンデパートにほど近い場所にそびえ立つ、なんと地上40階立てのホテル『クラウンリージェンシーホテル&タワー』をご 知ですか? そう、あの地上38階を命綱1本で歩く「スカイウォーク」や、ぎりぎりまで傾いたまま動き出す「エッジコースター」、ビルからビルへターザンのように移動する「ジップライン」などで有名な4つ星ホテルです。そんな絶叫アトラクションから人気に火が付いたこのホテル、実はお食事もおいしいのです! 今回はそんなクラウンリージェンシーホテル&タワー施設内の

人気記事

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP