アジア

  1. セブの一押しホテル!クラウンリージェンシーの部屋はウワサ通り凄かった!

    セブの一押しホテル!クラウンリージェンシーの部屋はウワサ通り凄かった!

      クラウンリージェンシーホテルがおすすめの理由とは? セブには綺麗な海、美しい砂浜などが多く非常に人気のある観光地として日本人だけではなく世界中から沢山の人が訪れま 。 そんなセブには、多くのホテルがあり選ぶのに迷うかも知れませんね。 でもそんな時は次の理由から、「クラウンリージェンシーホテル」が絶対におすすめです! ①セブ中心地のフエンテ・オスメニア・サークル近くにある37階の高層タワーのホテルで部屋からの眺望が抜群です! ②街の中心に位置していますのでどこに行くにもアクセスが良く、観光などの拠点として

  2. お小遣い4万円でシンガポールを楽しむ方法!

    シンガポールは日本から直行便も多く、時間も左程かからずチョット週末を利用して、リフレッシュしたいなどの時にピッタリの場所ですね! 今回は「思い立ったらシンガポール!」という感じで お小遣いもそんなにかけずにコスパの良い旅を目指しました! 1. 観光スポット  マーライオン シンガポールに来たらやはりまずはマーライオンでしょう! マーライオンは、マレーシアの王族が発見した土地を「ライオン(Singa)の都市(Pura)」と命名し、王族を表わすライオンの頭部に「海(マー)」を表わす魚の尾を着けて、マーライオンと命名しこ

  3. バングラディシュのオススメ観光スポット10選

    バングラディシュのオススメ観光スポット10選

    バングラデシュは、北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接し、南はインド洋に面しています。1971年にパキスタンから独立し首都はダッカで、人口数は世界第7位の1億5 940万人で、世界で最も人口密度が高い国です。 今回はバングラデシュのおすすめの観光スポットをご紹介していきます。   1. バゲルハットのモスク都市 バゲルハットのモスク都市は世界遺産に登録されており、遺跡内には約50のモスクやタダルガー(霊廟)などの建造物が並んでいます。 その建造物のほとんどは15世紀前半にこ

  4. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集

    【閲覧注意】世界の奇習にドン引き!? ちょっと見るのも怖い風習特集!

    世界には日本では考えられない様な文化や風習が存在します。中には「信じられない!」と目を塞ぎたくなる様なものもしばしば... 今回はそんな世界の風習特集をお届けしたいと思います 1.纏足(てんそく) 纏足とは、幼児期の女子の足に布を巻いて、足が成長して大きくならないようにするという、昔中国で行われていた風習です。 纏足文化ができた理由は、小さい足の女性の方が美しいと考えられたためであり、小さく美しく作られた靴を纏足の女性に履かせ、その美しさや歩き方などの仕草を楽しんだとのことです。 まぁ大きな足の女性より、

  5. ミャンマーで働く日本人はどんな仕事をしているの?

    ミャンマーは日本企業が世界に進出している国の中で、ここ5年での伸び率が1位となっている国です。 2011年時点での現地法人数はわずか11社だったのが、2016年時点では105社と り、増加率はなんと855%で10倍近い勢いで増えています。 この背景にはミャンマーが長いこと軍事政権が続き政情が不安で、ビジネスの進出にはリスクが大きすぎた点にありましたが、2010年11月には新憲法に基づく総選挙が実施され、国旗が新しくデザインされ、民主化への大きなうねりが波となって動き出しました。 それに伴い他のアジアの国に較べ社会システムやイン

  6. ミャンマーへ移住する方法

    ビシネスでも人気!ミャンマーへ移住する方法

    ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置し、中国、タイ、インドに囲まれた南北に長い国です。1989年まではビルマと呼ばれ首都はヤンゴンでしたが2006年からネビドーが首都 なっています。 人口は約5100万人でその一約600万人がヤンゴンに住んでおり、まだまだヤンゴンは商業都市としてミャンマー随一の大都市となっています。近年、ビジネスでも来麺する人が増え続けています。 今回は、そんな注目されるミャンマーへの移住についてご紹介していきます。 ミャンマーの気候は乾季と雨季があり、乾季にあたる10月~5月は雨が

  7. 海外旅行で日本人が間違いやすい英会話 正しく12の方法教えます!

    海外旅行で日本人が間違いやすい英会話 正しく12の方法教えます!

    現在では毎年多くの日本人が海外に出かけていきますが、訪問先での現地の人とのコミニュケーションがうまくいかないケースも多々あるようです。 日本人が英語を間違って理解していたケースと て、こんな話を聞いたことがあります。 団体の男性達がレストランで食事が終わり、男性達は皆タバコを吸うのでテーブルで吸っていたところ店員があわてて来て、壁に貼ってある紙を指さし 「ここは’Smoke Free’なので、すぐにタバコを吸うのを止めてください」と注意されました。 男性達は「Smoke Freeだから、自由に(煙)吸っていいテーブルじゃない

  8. セブでツアーを考えているならアイランドホッピングがおすすめ!

    セブでツアーを考えているならアイランドホッピングがおすすめ!

    セブでツアーを考えているならアイランドホッピングがオススメ!」 アイランドホッピングとは、島々をボートや飛行機等で渡り小さい島へ上 も出来るツアーの事です。 セブは物価が安いのでボートを安くチャーター出来るのもアイランドホッピングの魅力の一つです。 今回は、セブでのアイランドホッピングの魅力をお伝えします。 ベルトラ アイランドホッピングツアー アイランドホッピングでの遊びについて アイランドホッピングの楽しみはどういうところ

  9. 日本にはない魅力がたくさん!世界6都市にあるディズニーランド

    日本にはない魅力がたくさん!世界6都市にあるディズニーランド

      世界のディズニーランド 現在世界にはディズニーリゾートと呼ばれる所が7か所あります。 どこもディズニーランドの基本コンセプトに沿って造られていますが、そこで行わ るアトラクションなどには開園されている国の文化や伝統なども反映されています。 それぞれ独自のユニークな点もありもし海外のディズニーランドを訪れる時に、どこにしたら良いか迷う事があるかもしれませんね。 今回は海外のディズニーランドにあるアトラクションの、人気ランキングをご紹介していきます。 ディズニーランド(カリフォルニア)  1955年に開園され

  10. まさか!こんなところあるの!?まさかの場所にあるホテル3選

    まさか!こんなところあるの!?まさかの場所にあるホテル3選

    世界には信じられないような場所にホテルがあります。どうしてこんな所にホテルがあるの!?と思わず口に出してしまいそうな、一度は泊まってみたいホテルを3つ選びました。 コンセプト のホテルが注目を集めている 立地がよくゴージャスな雰囲気のホテルはどこに行っても人気ですが、近年、個性的なコンセプトを打ち出して人気を博すホテルが増えてきています。 一般的なホテルと大きく違うのは、泊まりたいと思う人が限定されるという事。しかし、ニッチな需要と見事にマッチした時に何度も訪れたいと思う特別な場所になります。 世界には行くのが少し大

人気記事

  1. 世界の「奇習」、 ちょっと見るのも怖い風習特集
  2. aruba_1
  3. バハマのおすすめ観光スポット6選!

おすすめ記事

wakutabi通信

PAGE TOP